Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第239回
早い段階で…。

10月12日から13日にかけて大型台風19号が関東を直撃。この影響で各ツアーも短縮されました。
ブリヂストンオープンゴルフトーナメント、 スタンレーレディスゴルフトーナメント、日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 。
観戦予定だった方やご自身でプレー予定だった方は残念だと思いますが、こればっかりは仕方ありません。

1か月前の台風15号で被害を被った千葉の房総半島ではダブル被害で大変な思いをされた方には心からお見舞い申し上げます。
市原市では竜巻も発生して住宅が壊れている映像が流れました。天災とは言え困った状況です。

最近は早い段階で公共交通機関の運休や、流通の障害やスタッフへの配慮からお店が臨時休業したりと「安全重視」の早目の対応が顕著です。

ゴルフも同じです。とは横田プロ。

ゴルフを始める際、ハードルが高いスポーツとお考えの方も多いと思います。
確かに、マラソンを始めるようにトレーニングウェア1つで始める訳ではありません。道具を揃えたり、最低のルールも憶えないとラウンドはできません。 そんなことでゴルフを始めることへの不安は理解できます。

だからこそ、少しでもゴルフに興味を持ったら、早い段階でETGSで無料体験レッスンを受けて欲しいんです。
ゴルフは早い段階でプロの指導者からレッスンを受けることをお勧めします。

仲間と遊び半分で打ちっ放しに行っても、上手く当たらない、真っ直ぐ行かない、飛ばない 等を経験してゴルフから遠ざかってしまう人もたくさんいらっしゃると思います。

ゴルフは早い段階で然るべき専門家に教わることが大切なんです。

書籍やYouTubeのレッスンを見て、ひとりで練習するのが悪いとは言いませんが、彼らにあなた自身の身体を見てもらいましたか?
人はそれぞれ身体の作りが違います。それを見てもらってから、我々専門の指導者に教われば技術習得の効率が違ってきます。それに初心者の間に変な癖をつけてしまっては修正が大変です。最初からレッスンに通って正しい打ち方を指導してもらえば、そうした心配をしなくてすみます。

そんな人たちのためにETGSでは体験無料レッスンを用意しています。
クラブでスイングする前にその人の身体能力を確認します。
その上でゴルフ上達のために何から始めればいいのか、どこを鍛えればいいのかを診断させていただきます。
そして、屋内練習場のメリットをいかしてスイングづくりから始められます。
まずは見た目から?はゴルフでは重要です。綺麗なスイングを身に着ければ必ずスコアも良くなります。
ETGSで短期間でもレッスンをした後、初ラウンドした人は言います。
・初心者と思われなかった。
・スイングが綺麗だと言われた。
・マナーが素晴らしいと感心された。
etc.

もしこのコーナーをたまたまご覧になった方、是非一度、最寄りのスクールにお電話ください。
早い時期にゴルフを身近なモノと感じていただけると思います。

このコーナーをご覧のまだ会員以外の皆さん、まずは無料体験レッスンを申し込んでみましょう。



 

 
ページトップへ
 
前のページへ戻る