ETGS埼玉校 第11回のコンペ江連忠レッスン会&講演会レポート
5/19(日)埼玉校の年度最後のイベントdayとなりました。
第11回のコンペと江連忠レッス会&講演会です。

今回の開催コースは飯能市の久邇カントリークラブです。
開場が1964年7月29日。
第一回東京オリンピックが行われた年に現在の東、北コースの18ホールでオープンした歴史ある名門コースです。

練習場(15打席)、アプローチ練習場、バンカー練習場も備わった至れり尽くせりのゴルフ場です。
接待コースとしても数多く使われるようですが、比較的オーソドックスで平坦なコースの割にグリーンが難しいと評判のコースです。


お天気もこの上ないゴルフ日和で、さわやかな風の中気持ち良いイベントDayになったと思います。

コンペにご参会いただいたのは会員様11名とプロ2名です。
江連プロにもご参加いただき朝礼と競技説明です。


その後早速パターレッスンが始まりました。
ボールにラインを入れていない方にはその場で入れていただきました。


皆さん円を作って江連プロに向かって一斉にパッティング。


それをみてパッティングの必要最低限のレクチャーを実践。


その後個々にアドバイスに回ります。


レッスンポイントは

・アドレスしたら2秒以内に打つ。

・打った後はボールが止まるまでフォローを取り続ける。

・アドレスで身体にしっかりパワーを貯める。

・体幹で打てるパッティングを憶える。

・自分が安定して打てるアドレスを習得する。

・力を入れるなら脇とお腹だけ。

*何よりもパター大好き!と思えるぐらい練習する。

こちらは名門埼玉栄高校の中等部でゴルフ部の間中りょうさん13歳中学1年生です。今回はお父様との参加だったのですが、ジュニアのレッスンにかけて実績ある江連プロは、熱心に指導していました。
現在50㎏の体重を80㎏の体重で打っているように体を使ったスイングを憶えろとアドバイスしていました。


川村、田中の各コーチも会員の皆様に丁寧に指導していました。

続いてはバンカーレッスンです。


レッスンコメントは

・バンカーとドライバーはある程度適当でいいから優しいと思え。

・バンカーは短く持つほどロフトが立ちやすくなるので、距離が出やすい。長く持ってバンスの機能をフル活用した方が優しい。

・音が良いショットほどバンスを活用している証拠。

・あごの高いバンカーほどゆっくりスイングした方が良い。

・距離が近い時は手打ち、遠い時は身体を使え。

等々でした。スタート直前になったので全員の皆さんにレッスンできずにごめんなさい。

さてラウンドスタートです。
各パーティの集合写真とご参加の皆様のスイングをご覧ください。


江連プロのきれいなスイングもどうぞ!


さて、18時半からは場所を川越プリンスホテルに移してコンペの成績発表と江連プロの講演会です。

まずは梅山代表の挨拶

皆様は早く1杯召し上がりたいのを我慢して待機です。


お待たせしました。
埼玉校開校以来の会員の桜井直彦様に発声をお願いして乾杯です。


今回は随分たくさんの種類で飲み放題メニューがあったので、ご満足いただけたことと思います。
さて優秀者は・・・。

  名前 GROSS NET
優勝 清水良昭様 90 70.8
準優勝 間中りょう様 87 71.4
3位 斉藤栄一様 86 72.8

ベスグロ 西田光吉様 82(*総合は4位)

今回は記念に江連プロから副賞の目録を手渡しいただき、記念撮影も行いました。


さて、皆さんお腹も満足したところで江連プロの講演開始です。

今回は皆さんが実際に悩んでいることを伺って江連流/ETGS流解決論をお話しいただく形式でしたが、それにとどまらない程、お話は拡大しました。


その中からキーワードをいくつかご紹介します。

・すべての基本は自然体。

・フィニッシュの左手持ちが自然に出きるのは自然体の証。

・飛距離伸ばし、方向性を安定させたければ、下半身を強化し実際の体重より増やした勢いを持って打つべし。

・ルティーンではやる必要のあることだけにして「Play Fast」のリズムを心がけてでラウンドすべし。

・クラブは14本、加えて左手を15本目と考えるべし。

・ETGSのレッスンでは言われたことをやるのではなく、やりたいコト、教えてほしいコトをコーチに伝え実践せよ。

・脇は自然に締まるアドレスで。

・インテンショナルを打ちたくば小さいスイング幅で練習すべし。

・新ルールでピンは抜かないままパッティングした方が絶対有利。
入れるボールを打つより、当てて入れるボールを打つ方が楽。

・ラウンド当日は練習はしない。ウォームアップのみを行う。
練習は反省含めてラウンド終了後に。


相変わらす楽しくためになる内容です。
しっかし、引き出しの多さにはびっくりです。

さて、埼玉校のコーチ2名から今期のお礼と来期に向けてご挨拶がありました。


今回優勝の清水様の一丁締めでお開きです。


最後は皆さんと全員集合写真。


朝から遅い時間まで皆様ありがとうございました。
*ちなみにこの後ほとんどの方が2次会にご参加されたようですが・・・。

来期も是非よろしくお願いします。

その他のイベント報告はこちらをクリックしてください。
ページトップへ
 
前のページへ戻る