Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第229回
復活と継続

良い陽気とヒョウが降ったりの大荒れの天気もある今日この頃ですが、GWは楽しめましたか?

 

その最中に日本のツアーも令和初の優勝者が決まりましたね。

男子は中日クラウンズで名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースを制した宮本勝昌プロ、女子はパナソニックオープンレディースゴルフトーナメントで全美貞とのプレーオフを制した勝みなみプロでした。

共通点は名前に“勝”が入っていること。

令和初の勝ち名のり選手としては偶然とはいえ必然を感じますね。

記念選手に相応しい、ファンとしては嬉しい出来事でした。

 

さて、5/12は第41回 ETGS千葉のコンペと江連忠プロ講演会が実施されました。

詳細は後日「イベントレポート」にアップしますのでご確認くださいませ。

 

その際、江連プロの講演であった大変興味深い話を1つご紹介いたします。

 

今年のマスターズで復活優勝を果たしたタイガーウッズ選手にふれた江連プロはタイガーはもともとのポテンシャルが違いますので、一概に一般ゴルファーと比べることはできません。ただ、体の故障に加え諸々あったことは皆さんもご承知かと思います。その意味でメンタル面でのケアはかなり大変だったはずです。

 

ETGS会員の皆様はアマチュアがほとんどです。また年齢を重ねていけば飛距離が落ちてくるのは仕方ないことだと思います。

 

私も昨年シニアになり、全盛時代と比べて身体の変化に気付いています。

そんな中でスコアをまとめるためには何を磨けば良いのか?そのためにどんな練習をしたらいいのか?を考えました。

まずはできる範囲で体を動かす。休めない。クラブをいつも握れるようにそばに置く。ちょっと辛いことを自分に強いる。

 

走れなければジャンプする。それもきつければ足踏みする。

 

上半身より下半身を動かす。

 

とにかく大切なのは身近にゴルフを置く。そして無理をしないということです。

無理が続くと継続もしません。

ここにいらっしゃる方はゴルフのスコアが落ちて生活に困る人はいないと思います(笑)。

 

 

レッスンに来ても体がきつければ、無理にレッスンを受講しない。

そのかわり、ETGSには会員様だけが自由に使えるゴルフを続けるためのあらゆる道具が残っています。

そのメリットを活用してください。

 

ゴルフ意識を絶やさないようにすれば、年齢なりのゴルフは続けるでしょう。気持ち良く、楽しく、そしてETGS会員として恥じないマナーを全うして長いゴルフライフを送ってください。

 

飛距離をショートゲームで補うといった当たり前の指導は、各コーチに相談してください。必ず適切な指導をすると思います。

 

ありがとうございました。

 

江連プロは最近宮古島に移住?されたとか・・・。

シニアになって優しさがにじみ出てきているように感じました。

 

さて5/19(日)は江連忠 ETGS埼玉校レッスン/講演会の開催です。

行ってきます。

 

最後に千葉校講演会後の集合写真です。詳細レポートは別途掲載いたしますのでご覧ください。

 

 
ページトップへ
 
前のページへ戻る