Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第226回
第53回「Japan Golf Fair 2019」レポートと平成レジェンドの引退。
桜の満開宣言以降、靖国神社の標本木の桜はまだ7~8割ぐらいの開花です。ただ、花冷えの様な寒の戻りがあったり、雨が降ったり、強風が吹いたり、花粉が飛んだり・・・。

毎日着るものにも困ります。

 



そんな中3/22から3/24迄開催された「Japan Golf Fair 2019」に今年も行ってきました。

今年は53回目の開催です。



各ブースのイベントでは日替わりで、プロゴルファーやゴルフ好き芸人のトークショーが行われていました。

 

また、セミナーではゴルフ人口を拡大するための業界側の対策のセッションが多数開催されていました。

写真を撮ってきましたのでご覧ください。






























全体を通して感じたのは、各出展ブースでは自社製品やサービス紹介に加えて、
減少するゴルフ人口を増やすためにどうしたら良いのかを模索している感がありました。
トークショーの話題や体験レッスンも少年少女や女性を対象にゴルフの楽しさを伝えていました。
ゴルフ人口拡大に業界全体で努力をしているんです。



例えば「コーディネーショントレーニング」という新しいコンセプトの体験会をやっていました。

このトレーニングは、自分がイメージした動きを身体で表現できる能力でを鍛えるモノだそうです。

イメージ力が高まると目や耳が感じた情報に反応する体の動きを自由にコントロールでき、自分のイメージ通りに体を動かすことができるというものです。



ゴルフだけでなく、陸上競技やバスケットなど、様々なスポーツで基本トレーニングとして取り入れられ、子供の頃からこの能力開発をしていくと
身体能力が長けるという優れモノです。



最近、思うように身体が動かないとお嘆きの貴兄/貴女のみな皆様は興味があるのではないでしょうか?WEBで検索してみてください。



今回はゴルフに必要な機能に特化したプログラム体験会でしたが、私には「ゴルフをやれば身体能力が高まりますよ。」という宣伝に感じました。

 



近年のゴルフ事情減少の深刻化で人口拡大のためにあの手この手で関係者が努力しているんだと思います。



ゴルフ場に行くとまだまだ中年以上の男性が大半を占めています。



2019年のルール改訂も然りですが、ゴルフ自体を取り囲む環境。
ファッションや用具に加え、ゴルフ場や練習場の対応も重要なファクターだと思います。



ゴルフもスポーツですからスキルアップするための取り組みも重要です。ただ「やってみよう!」と思われなければ始まりません。

ゴルフを身近に感じ、始めていただくためにETGSはスタートアップレッスンやイベントを多数企画していきます。



話は変わりますが、2019年3月20日平成のレジェンドシアトルマリナーズのイチロー選手が引退しました。

数々の記録を打ち立て28年間に及ぶ野球選手人生に終止符を打ちました。



試合終了後、普段寡黙な彼が1時間20分にも渡る記者会見を開き心境を語りました。



数々の名言が出ましたが、その中で私が一番印象に残ったのは

「人より努力することはできない、測りは自分の中にある。」というコメントでした。



年齢を重ねると、見た目や自分の思いとは別に他人には分からない苦悩があるはずです。



自分なりに出来る範囲で努力を続け、一流を続けることは容易ではないと思います。
このコメントはアスリートとして人一倍ストイックな彼らしい表現で感銘を受けました。
現役こそ引退した彼ですが、日本の宝であることに変わりはないと思います。
「人望が無い」から指導者には向かないと言ってましたが、野球を愛し続けた選手として、是非2020年東京オリンピックで侍ジャパンの臨時コーチとして立ってもらいたいと思います。



最後に日本のゴルフ界のレェジェンド、そうJ・尾崎こと尾崎将司プロは今年も現役です。

永久シードですから”引退”って難しいんだと思いますし頑張ってほしいとは思いますが、引き際を考えるのもプロのような気もします。



皆さんはどうお考えですか?



4/11からはいよいよマスターズが開幕します。

この時期になると今年もシーズンがスタートしたなぁと思いますね。

 

そして、今日新元号「令和」の発表がありました。来月5/1からは「令和」時代が始まります。

 

良いシーズンそして、「令和」時代の良いスタートを切ってくださいね。





 
ページトップへ
 
前のページへ戻る