Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第214回
ゴルフは長く楽しく

10月です。

先週は大型台風24号が発生。今年はすでに日本列島直撃が5回目です。まだまだ続きそうな報道もあります。嫌ですね。

皆様は大丈夫でしたか?

 

巷では大阪なおみフィーバー。

やっぱりメジャーでの勝利には報道だけでなく、お金も付いて回る様です。

スポーツブランド「adidas」との契約金は女性アスリート過去最高の4億円オーバー。一流選手はたくさんいるはずですが、今回は桁外れ感が否めません。

まだ、若干二十歳ですよ。

将来心配になりますが、インタビューを見ているとあの性格に癒されてしまいます。彼女の将来のためにも周りのスタッフには十分な配慮をお願いしたいと思います。

 

それよりゴルファーが嬉しかったこと、それは米国男子ツアーの今季最終戦「ツアー選手権」でのタイガーウッズの約5年ぶり、1876日ぶりのツアー優勝でしょう。

一時は世界ランク1199位まで落ちたタイガー。復活優勝は難しいとの声もありましたが、その影には彼の並々ならぬ努力があったんだと思います。アメリカメディアでは『スポーツ界で最高のカムバック』と大々的に賞賛されているようです。

この1勝で80勝に到達したタイガーの次の目標はサムスニードの82勝だそうです。

 

赤と黒のタイガーコーディネートで身をまとい、最終ホールでパットを決め ガッツポーズをとった彼の姿に観客は全盛の彼の姿を思い出し、当時と重ね合わせ大歓声を上げ喜んでいました。

観客達だけでなく、ライバルたちも彼の復活優勝に駆け寄り、称賛の拍手をおくり喜びを分かち合っていた様に見えました。

 

 

一言で言うと、ゴルファーは皆タイガーが好きなんですね。

アマもプロも皆。ライバルなのに嬉しい。

スーパースターとはこういうプレーヤーを言うんだと思います。

 

齢42歳、意地を貼らず自分の体の状態を素直に受け入れ、全盛期のゴルフができなくても、工夫して匠のゴルフを完成させての優勝だと思います。1日でも長い現役継続と、これからもスーパープレーを見せてほしいと思います。

 

さて、話題は少し変わりますが先日行われた「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」で、ゴルフのルールを統括するR&A(Royal and Ancient Golf Club of Saint Andrews)全英ゴルフ協会が、選手が使用するドライバーの反発係数を計測する「R&A用具テスト」を実施したという報道を見ました。

オリンピックの薬物使用の抜き打ちみたいなものかと思いましたが、今回は対象選手全員が強制で受けた様です。

 

最近では、ビートたけしやキムタクがキャラクターを務めて話題の「Ryoma」ゴルフなどでは、あえて高反発を謳いにしたクラブを宣伝していますよね。

 

この流れをETGSではどうとらえているんでしょう?

 

横田プロは

 

ETGSでは1部の会員さんを除いては、個々の会員さんの年齢や体力に応じて、楽しく、長くゴルフを楽しむためのレッスンを行っています。

トレーニングの中には、日常生活では継続して行えないけどゴルフに必要な基本やその人の悪い癖を修正するためのトレーニングまでをカルテに添って続けています。

 

中には、また?と思うトレーニングもあると思いますが、それらは身体にゴルフのスイングを思い出させるための基礎だと思っていただきたいです。

 

私は毎週日曜日にジュニアを担当していますが、ジュニアからゴルフを始めると、自然と身体がゴルフを憶えていきますが、齢を重ねてからだと習得だけでなく、思い出すまでに時間がかかるんです。しかし継続して行えば忘れるまでの時間は長くなります。

 

最近は年配の会員様も増えていますので、我々インストラクターは、必ずカルテを共有して無理のないトレーニングメニューを組んでいますし、その体力に応じて使用するクラブやボールも公式競技では使えないけど、ラウンドを楽しむためにルールの範囲を超えた反発係数ギアを勧めることもしばしばあります。

 

競技に参加するプロやそれに準ずるアマチュアは規制の中で最大限のパフォーマンスが出るギアを選ぶのも才が問われるわ訳ですが、アマチュアはゴルフを長く楽しむために個人が各々工夫していくのが本来のゴルフの楽しみ方だと思っています。

 

なるほど。

確かに、若くて体力のあるうちは規制内のギアを使わないと一緒に廻る仲間に”揶揄”されることもあるので、意地でも規制を超えたギアを使わないアマチュアゴルファーが多いと思います。

私もまだ大丈夫と思ってましたが、あちこち痛くなってくるとラウンド自体が億劫になります。

横田プロの仰る通り、ギアを優しいモノに変えて少しでも以前のゴルフに近い結果が出れば きっとその方が長く楽しく続けられるのかもしれません。

 

皆さんはどうお考えでしょう?

 
ページトップへ
 
前のページへ戻る