Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第208回
イベント参加の前に改めて!

ワールドカップ盛り上がってます。

日本は2位でグループステージを突破、見事決勝ラウンドに進出!

おめでとうございます。

アジア代表として引き続き頑張ってほしいです。

 

逆にJGTOではプロアマ戦での”K”プロの行為が問題視され、謝罪会見などもありました。日本の男子ツアーは試合数だけでなく試合観戦者も激減している中での不祥事でした。プロは試合に勝ってなんぼですから、ストイックになる気持ちもわかりますし、その姿がカッコいいコトもありますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」。

行動のシチュエーションがまずかったですね。

実力がある方だけに残念です。

 

さて、先週は夏らしい日が続きました。

こう暑いと年齢的に身体がついていきません。(泣笑)

 

ETGSでは本日7月2日(月)から8日(日)までイベント休暇になります。

 

北海道、バンコク、軽井沢など会員の皆様には一足早い夏休みゴルフといったところでしょうか。

 

ただ、いつもプレーするホームコースじゃないゴルフ場や、海外のゴルフ場などでは浮かれ気分で基本行為やエチケットが疎かになりかねません。

 

季節的に熱中症対策に関してはこのコーナーでも触れましたが、それ以前に基本中の基本を改めて挙げておきますのでご留意ください。

 

当たり前で基本中の基本は

 

・プレーファスト。

・素振りの際、周囲に注意。

・同伴者がアドレスに入ったら静かに。

・前の組がグリーン上に居る場合は待つのが基本。

・ショットが他のプレーヤーに危険と思われる際は、大きな声で「フォアー」と叫ぶ。

・次のショットでクラブ選択に迷いそうならクラブ2、3本に加え予備のボールも持参。

・ショット後に穴堀ったらのディボットへの目土をする。

・グリーン上ではグリーンフォークでボールマークの修復をする。

・スコアカードの記入はグリーンで行わない。

 

これは皆さん大丈夫ですよね?

 

加えて忘れがちなエチケット事項も追記すると

 

・ボールの予備を2個以上は常に持つ。

・他の人の打ったボールの行き先は全員で見ておく。

・バンカーは打ち終わったら自分で綺麗にならす。

・グリーン周りでパター以外のクラブを置く際はカートへ戻る通り道沿い置く。

・グリーン上では一番最後に打つ人がピンを抜き、抜いたピンはグリーンの外に置く。

・逆に戻すのは1番に先にホールアウトした人。ホールアウト後にピンは旗の部分を手に持つ、下に向ける等 後続組が勘違いしないようにして速やかに戻す準備。

 

等ですね。

 

ETGSの研修会ではこれはできて当たり前としていますが厳しい”U”プロから指摘を受けない様に再確認してください。

また、しっかり習得したいならETGSの研修会参加は有効ですよ。

 

その他はゴルフ場のローカルルールをHP等で事前に確認しておきましょう。

 

そしてマナーやエチケット以外の注意話として、最近は野生動物の登場?があります。

以前はカラスのいたずらでボールが持って行かれたなんていう結構笑えるエピソードは耳にしましたが、最近ではアメリカのアラスカ州アンカレッジのゴルフ場で、何とピンフラッグを奪い合う3頭のクマの激しいもみ合いに遭遇したというニューズもありました。

日本のゴルフ場で熊が頻繁に出ることはないとは思いますが、今回のツアー先北海道は約55%の地域でヒグマが生息していると言われていますから、”ない”とは言えませんよね。

さらに、猪が山下りして民家や畑を荒らす被害もあります。

 

最近、オーストラリアではサッカー場に野生のカンガルーが来て「ゴールキーパーをした??」なんていう報道も。

皆さんも涼しさを求めて山岳コースにいらっしゃる際は、野生動物にも十分ご注意くださいませ。

 

 

プレーの中でテクニカルなことはベテランになれば自然に身に付くとは思いますが、まずは基本の行為あってのコトです。

ゲストで行くゴルフ場では同伴競技者や周りの組に迷惑をかけないゴルファーになる意識を強く持ちましょう。

 

プレーで大切なことは、たくさん打ってしまうことより、エチケットとマナーを守ることだと思います。

”K”プロが処分を受けた行動もこのことを少し失念してしまったからじゃないかと思います。

 

これを読んでいただいた方は自身を省みて、明日からのイベントに楽しくご参加ください。

 

行ってらっしゃい!

 
ページトップへ
 
前のページへ戻る