ETGS埼玉校 第1回 江連忠プロ講演会レポート
5/21(日)、埼玉校の会員様向けに江連忠プロの講演会が初開催されました。
18:30から大宮パレスホテルでの開催です。


梅山代表から会員様へのお礼を含めてご挨拶がありました。




第一期から会員継続されている桜井直彦様のご発声で乾杯。




暫し歓談です。




早速、江連プロからの講演です。


今回も良い話が一杯でした。

一部を紹介しますね。

・埼玉校はインドアだがスイングづくりにはもってこいの環境と思って練習すべし。

・目標を口に出せるゴルファーは必ず上達する。

・余計な力を入れないでスイングすることができればバランス
、リズム、タイミングが良くなってミスも少なくなる。

・ボールが曲がるのはミート率が悪いからと自覚すべし。

・アドレスから2秒以上以内でスイングを起動できる方が結果が良くなる。

・力を入れなければ、トップから正しい軌道でクラブが落ちてくる。

・ドライバーもアプローチも必ず狙ってからアドレス、スイングへと移行する。

・重心が低ければターゲットが見えてくる。

・失敗しても格好よくフィニッシュをとることを繰り返せば必ずスコアが縮まる。

・同じクラブでもグリップ位置は16カ所ぐらいあり、距離や狙い方で持つ位置で自然に変えられるようになればイメージしたショットが打てるようになる。

・力が入っていると両手を真上に上げて手を合わせることができない。

・バックスイングで上半身に力が入らなければ下半身指導で理想的なトップが作れる。

・バランス感覚を養うには目をつぶって足踏みしたりスイングしたりしてぐらつかないようにする。

・スイング中、左手とシャフトが1本になった時がスイングスピードがMAXになる瞬間である。

いやいや盛りだくさんでした。
ご参加された方は皆さんメモを執りながら真剣に耳を傾けていました。

話は尽きませんでしたが、そろそろお時間の様です。

最後に川村プロと田中コーチ、更に6月から山梨校でインストラクターになる大関翔(カケル)プロからメッセージをいただきました。





川村プロ
埼玉校はレンジがないレッスンスタジオですが、会員の皆様がそれぞれのベストスイングを作れるようにレッスンしていきたい。その上でゴルフの楽しさを伝えたい。





田中コーチ
会員継続をいただけるのは私たちのレッスンで皆様が満足できる結果を得れたからだと思う。皆さんがそれぞれの目標を達成できるようにご協力したい。





新任の大関翔プロ
ETGSで皆さんに自分の培ったスキルを伝授することはもちろん、自身の理論がツアーでも通用することを証明するために頑張りたい。是非、山梨校にも足を運んでもらいたい。

ということでした。

こじんまりした埼玉校ですが、メリットもたくさんあります。
来期も皆様よろしくお願いします。




私は伺えませんでしたが、きっと2次会ではもっと深ーいゴルフ談話がされたことと思いますよ。

その他のイベント報告はこちらをクリックしてください。
ページトップへ
 
前のページへ戻る