Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第142回
0ポジションの話
9月は台風が多いとはわかっていましたが、今回はチト様子が違っています。

豪雨による各地の被害は今まで聞いたことのない害をもたらしています。

被害にあわれた皆様には心からお見舞い申し上げます。


さて、そんな中ではありますがこれから日本のゴルフツアーは男女とも大詰めです。

先週のLPGAの公式戦「日本女子プロゴルフ選手権」は今期絶好調のイ・ボミと公式戦最少スコアタイで回った上田桃子を抑えてテレサ・ルー選手が優勝。

男子の「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」は武藤俊憲がホストの片山晋呉を破って優勝しました。
久しぶりの日本ツアー参加の石川遼先週は残念ながら初戦敗退でした。

今期は男子ツアーが昨年より少なく、今一つ盛り上がらない感じですが、ゴルフファンである私たちは日本ツアーもしっかり応援していきたいものです。

さて、ETGS HPでもご案内しましたがCS放送"Golf Network" 毎週火曜日21:00~21:15 放映の「プレ男レッスン」で9月一杯 江連忠プロの出演で放映中ですが、もうご覧になりましたか?

既に2回目の放映が終了しました。
本日が3回目になります。

内容に少し言及しますね。

ゴルフスイングに大切なのは「リズム・バランス・スイングプレーン」だと江連プロは語っています。

・リズムを意識する:連続打ちを下半身リードを意識して5回1セットを最低として連続練習する。

・バランス感覚を養う:目を閉じてボールを打てるようにする。目は人間のバランス感覚の40%を司っているので、目を閉じてもボールを打つことができ、フラフラしないでフィニッシュまで決められれば、バランスのいいスイングが作れる。

・正しいスイングプレーンを作る:後ろに姿見の鏡を置き、正しいライ角で打つためのスイングプレーンにテープ等を線状に貼り付けて、後ろの鏡を見ながらスイングプレーンを意識してスイングする。
その際、ボールは鏡に映る方を見ながら打つ。これでヘッドアップも防ぐことができる。

とまぁ、こんな練習方法を紹介していました。

確かに効果がありそうな練習方法だと思いましたが、私がそれ以上に感動したのは「0ポジション」の話です。

そのポジションとは「自然に、力強く、素早く動くことのできる」腕のポジションらしいのですが、これを極めることができれば、ゴルフは自然に上達するという話でした。

「0ポジション」に関しては色々調べたのですが、肩甲骨と肘から下の腕の関係らしいです。

http://nayuho.pv.land.to/hitori-1.html

が結構わかりやすいかもしれません。ご覧ください。

要はこのポジションをゴルフでも意識して追及することとが、上達のカギである、と江連プロは語っています。

ちょっと、難しい話ですが皆さんもご自身で調べて追及してみてください。


この「プレ男レッスン」は9月一杯続きます。まだご覧でない方はまず本日の第3回を是非ご覧ください。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る