Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第139回
ETGSが勧める灼熱の夏ゴルフ対策パート?
いよいよ今年も夏本番です!お盆の夏休みに合わせてゴルフの予定を入れている方も多いのではないでしょうか?
ただ、やはり注意を払わなければならないのが、暑さ対策。熱中症は重症化すれば生命にも危険を及ぼすだけに夏ゴルフには最大の対策をして臨みたいところです。
このコーナーでも毎年最新の「夏のゴルフ対策」を特集していますが、今回で?回目でしょうか?
今年も新しいが無いかと対策を求めて伺ってきましたので、是非皆さんも参考にしてください。

では早速参りましょう。
ETGSおススめ夏の暑さ対策2015いってみましょう!


<アイテム編>
・日傘はやっぱり効きますよ。最近は雨傘との両用もあります。

・冷感グッズは何でも使います。服、帽子、タオル etc.

・長袖をあえて着用。意外と「逆」効果あります。

・ポロシャツの襟を立てて、首への直射日光から守っています。

・スプレーに水を入れてちょいちょい体と顔に吹きかけます。
 水じゃなくてシーブリーズのスプレーも気持ちいいです。

・「ひえっぺ」っていう使い捨て瞬間冷却剤を持ち歩いてます。ホカロンの夏版です。100円もしないです。

・氷らせておいたペットボトルの水は溶けて少しずつ液体になります。
 マイホールその分だけ少しずつ摂取すると飲みすぎません。
 スポーツドリンクと水で各1Lを1本ずつ用意して持っていきます。

・ツバの大きなストローハット(麦わら帽子)を被ってます。昔の農家の方ってすごいですね。
 本当に暑さを凌げます。スイングはちょっとしづらいんですけどね。

・昼はカレー、プレー中は梅干しと塩飴です。

・団扇か扇子持参してます。人のプレーの妨げにならない様に注意して使っています。無風の時はやっぱりこれです。

・捻挫用の冷却スプレーは効果あります。

・最近出た「衣類にかける冷えるスプレー」を持参。これゴルフでもいけてます。

・昼食の際、後半スタートの前にレストランに頼んで氷をもらって、コンビニの袋に入れてラウンドに持ってい って冷却材として利用しています。 あっ、これ「内緒」って言われてたんだけどね。


<行動編>

・涼しい場所や時間(早朝スタート)でしかゴルフをしません。

・林に打ち込んで木陰で暑さを凌ぐ(笑)

・水分は少しずつ摂る。一気に飲むと疲れます。

・上のシャツだけ4回着替えます。午前中2回、午後2回。もちろん峠の茶屋のトイレを利用しています。

・茶屋でかき氷を食べるのがイイです。リフレッシュできるし普段は大の男が食べてるのは恥ずかしいけど、ここでなら言い訳できますから。


<番外編>

・「暑い」って言わない!

・夏はゴルフに行かない!

・ここは雪山だと言い聞かす。

・ホール移動で怪談話を聞く。


最後の<番外編>には大笑いしました。
もう対策の域を超えてましたね。

皆さん大好きなゴルフをするために色んな工夫をしているってことは分かりました。

ただ、くれぐれも無理だけはしないようにお願いしますね。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る