Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第135回
ETGS第9期スタート
今日は6/1です。
そうです、今日からETGSは第9期がスタートしました。

第8期は会員の皆様の「ベストスコア更新」をテーマに掲げインストラクターやスタッフが会員の皆様を支えた1年でした。
結果のべ42名の会員の皆様がベストスコア更新を達成しました。

そして今期のテーマはさらに大きく!

「ゴルフ人口の減少をどうしたら緩和できるのかを考え、ゴルフの楽しさをたくさんの人に知ってもらうための活動をしていく。」

ということです。

これまでも

・ジュニア世代のレッスン、トレーニングを充実させ

・一般会員の皆様の年齢や個性を活かすレッスンでスコアアップを図り

・研修会を増やしてゴルフの真髄や奥深さを知っていただき

・国内、海外の名門コースを廻るツアーを企画して、普段ラウンドが難しいコースを体験してもらったり

etc.

今期は本日オープンするETGS山梨校もその一環です。

関東近郊地域から少しだけエリアを拡げ、中部地方の皆様にもETGSからゴルフの素晴らしさを伝えるために開業しました。

そのためにプロを含め、インストラクターの充実も計画しています。

また、会員の皆様が別のスタジオで違うインストラクターのレッスンを体験できる新システムも構築中です。


日本ゴルフツアーの開催もスポンサー離れで男子のツアーは今年23回と減少、2014年の賞金王小田孔明もマスターズに招待されなかったりと寂しい話題もありました。

ただ来年、2016年に開催されるリオ五輪では112年ぶりにゴルフが正式種目に採用されて、話題にもなっています。

ETGSはそんなゴルフを取り巻く日本の状況を憂うだけでなく、何とか活気づけて行き詰まった事態打開する方法を考えていきます。

そのためにもゴルフを心から愛する会員の皆様と一緒に、また1年間をご一緒できる喜びを共にしたいと思っています。

来期は節目の10年目を迎えます。
そのための良い伏線がつくれるような1年にできるように頑張ります。

皆様、何卒ご支援賜りますようよろしくお願いします。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る