Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第118回
ベストスコア更新のために
ここん所雨が多くて嫌ですね。
報道でも各所で「豪雨」の情報が頻繁に流れています。
自然の雨だけでなく、水道管の破裂なんていう事故もありました。

被害にあわれた方へお見舞いを申し上げます。

さて、ゴルフは秋のベストシーズンを迎えます。
ETGSでも秋はイベントが目白押しです。
皆さんはもう何かにお申し込みされましたか?

その中で来週9/25(木)第28回 ETGS杯コンペの後行われる「ベストスコア更新者を祝う会」は新しい試みです。

アマチュアゴルファーは、ある程度ゴルフ経験を積んで基礎が身に付くと、スコアが行ったり来たり。後は齢と共に落ちる体力との戦いって感じでしょうか(涙)
私も良い時は80台も出ますが、調子悪いと平気で100も叩く。
まぁこれの繰り返しです。さほど同伴者に迷惑をかけないで廻れる程度なので、あまりベストスコアを意識することも無くなっていました。

代表は云います。
ETGS会員の皆様のほとんどは高いモチベーションの中でレッスンやラウンドをしていらっしゃいます。もちろん、自身の練習でもそうでしょう。
それぞれ課題はあると思いますが、目指しているのは「ベストスコアを更新する」ということです。

ETGSのプロはレッスンにいらっしゃる会員さんに
「この前のラウンドどうでした?」と必ず声をかけています。
もちろん、課題としていたことがラウンドで実践できたか?というコトもありますが、その裏には「ベスト更新できましたか?」というニュアンスが含まれています。今回の催しもそんな中で生まれた企画なんです。

今期初めに、会員の皆様に現状のベストスコアを自己申告していただきました。
各プロはレッスンを通して会員の皆様の悪い癖を徹底的に修正、更に伸びしろのある部分を見つけて伸ばす。
これを繰り返すことでベストスコア更新をサポートしています。

そして今回、6名の会員様がベストスコアの更新を達成したのです。

ETGSに入会された皆様の目的はベストスコア更新だけではありませんが、ゴルフをやっていく以上、スコアアップに執着していく姿勢だけは必要だと思います。

同様の目的で努力している仲間達からお祝いをされることで、次のベストスコア更新に意欲が高まるでしょう。
また、ベストスコア更新を達成できていない会員様には「私もがんばるぞ!」という指標にもなります。
ETGSではこれからも会員の皆様の「ベストスコア更新」をバックアップし、達成された方にはお祝いをしていこうと思います。

もちろん9/25コンペ当日の更新も含まれます。
参加の皆様には是非がんばって欲しいと思います。

なるほどです。
当日もOKなんですね。
ETGS所属プロや会員仲間に見守られるプレッシャーと、その中でクリアできた際に得られる爽快な達成感は、他とは一味違うかもしれません。

私も「記憶」でなく「記録」にこだわらないとスコアアップは難しいと実感しました。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る