第27回ETGS杯ゴルフコンペ&江連忠講演会レポート
5月11日(日)第27回ゴルフコンペが行われました。
ETGS一般会員36名 プロ・スタッフ8名 計44名の参加での開催です。
コースは前回同様千葉の「泉カントリー倶楽部」です。


7:00のオープン、7:30受付開始です。
他のコンペも3組あり、かなり混んでいました。
当日は五月晴の快晴でした。これは皆さん良い色に焼けそうです。
紫外線対策もお忘れなく。

 

受付開始です。


レンジの練習場はないので、パッティング練習とアプローチ練習場で各自ウォーミングアップです。

 

こちらのゴルフ場はラウンドレポートはNGですので、パーティごとの写真に解説をつけさせていただきます。
使用コースはEASTコースを全員がラウンド、あとはWESTコースと、SOUTHコースに分かれてプレーします。

まず、SOUTHコースの1組目です。
伊丹プロのパーティです。
平館さんと中山ご夫妻です。


伊丹プロのトップオブスイングをどうぞ。


こちらは最年長参加の太田さんご夫妻と鈴木さんのパーティです。


太田さんご夫妻は昭和3年と11年のETGS最年長メンバーさんです。
ご主人は御年86歳だそうですが、素晴らしいショットをされていました。
千葉会員の水沼さんの義理のご両親だそうです。
年齢を重ねてもご夫婦でゴルフをできるのって素敵ですよね。

 

こちらは岩崎プロのパーティです。


平野さんのフィニッシュはしっかり右足裏がめくれていてかっこよかったですよ。


こちらは今回の強者チームです。


前回の優勝者の三木さんと準優勝者小倉さんを有します。

 

同伴の小沼さんには私のコメントで余計なプレッシャーをかけたかと思いましたが、やってくれました!(下記優秀者参照です)

こちらは埼玉校会員の皆様と川村プロのパーティです。


川村プロがティショットを左に大きく引っかけてトラブルですので、ショット写真は割愛です。(笑)

来季からETGS埼玉校のインストラクターに就任する、紅林健一氏のパーティです。(詳細は下記参照)


経歴や人となりのご紹介は後程。
小柄ながらしっかりとしたトップオブスイングです。


こちら岸辺プロと御大藤井さんのパーティです。


岸辺プロ渾身のインパクトはこちら。


こちらはSOUTHコースの最終組。入賞常連の塩原さんチームに福地ご夫妻が加わります。
さらに、千葉校のジュニア研修生、大野和樹さんがこの日はこのパーティのキャディをしてくれましたので、一緒にパチリです。


奥様のスイング。まだ乳飲み子のお子様がいらっしゃる中、久しぶりのラウンドです。


さて後半はWESTコースからです。
梅山代表と横田プロのパーティ2組です。

 

この日横田プロはお腹を壊していたらしいのですが、ショットは絶好調でした。


こちらは前半、内海プロのパーティ。埼玉校のメンバーが2名加わります。キャディさんを巻き込むあたりはだんだん、横田プロに似てきました。


こちら武島さんのインパクトですが、直前まで内海プロにアドバイスを受けていましたが、素晴らしいショットでした。
ちなみにこのホールはバーディだったそうです。


最後、こちらは千葉校の自称「団子三兄弟」のパーティです。
これには内海プロも大爆笑でした。


前半のスコアは今一つだったようですので、後半はみっちりレッスン付きで廻っていただきましょう。この3名と内海プロのトップオブスイングを比較してみました。
私からのコメントは控えますので皆様ご自信でごお確認ください。

 
 

さてさて、この後ハーフを追加でラウンドした方もいらっしゃったようですが、18:00からはユーカリが丘のウイシュトンホテルで江連プロ講演会がありますので、そこそこにお願いしますよ。


ここからは場所が変わって講演会の模様を中心にお届けします。

まずは梅山代表から会員の皆様へのお礼コメントとご挨拶がありました。


藤井靖隆さんのご発声で皆で乾杯です。


その後すぐに27回コンペの表彰式が行われました。(以下表組)
横田プロの進行で江連プロから賞品を授与してもらいました。

優秀成績者 総合
  名前 GROSS NET
優勝 小沼 哲男様 80 71.6
準優勝 福地 孝夫様 86 71.6
3位 藤井 靖隆様 91 71.8
小沼さんは前回優勝者、準優勝者の同パーティのプレッシャーにもめげずベスグロも受賞、立派です。
余計なことをお伝えしたお詫びに、後日撮影したトロフィー持参のショットの掲載いたしました。


小沼 哲男

福地 孝夫

藤井 靖隆

そのまま、江連プロには講演会を続けていただきました。


参考になったお話しです。

練習で出来たことをコースラウンドで実施できるスキルがスコアアップにつながる。
30秒かけて一か所ずつチェックしながらゆっくりスイングをして必ず、フィニッシュをとる練習は効果大。
クラブをどこまで短く持てるかが良いショットに左右する。
左に引っ掛けだしたと思ったらハンドアップに短く持って打てばまっすぐ行く。
ドライバーの調子が悪い時は、バンカーでしっかり下半身を落として打つ練習をする。
パターの距離感が合わなくなったら目をつぶって10mぐらいの長い距離を合わせる練習が効果的。

etc.

また技術面以外では新しいコトにトライする時や次のステップに行く時の扉は、他人ではなくて自分で開くべきである。
というコメントがとても印象的でした。

続いて、希望者をステージに募ってワンポイントレッスンが始まりました。

 
 
 

また、コンペでブービーメーカーだった呉さんには「これはETGSインストラクターと私の責任だ!」ということで、伊丹プロ、岩崎プロ、川村プロを呼んでレッスンを確認していました。

 
 

呉さんもこれなら次回良い結果が出るかもですね。

さて、6/2からETGSは第8期に入りますが、残念なお知らせがあります。

設立時からのメンバーでたくさんのアマチュアに慕われていた伊丹大介プロがETGSを6/1で卒業することになりました。

私も、最初に体験レッスンを受けたのが伊丹プロでした。その時のことをよく覚えています。
従来までの考えを多岐にわたって覆されたショックと新たな気付きを与えていただきました。

ご事情に関しては詳細触れませんが、これからもETGSのイベント等には時々参加していただき会員の皆様のスキルアップに一役買っていただける機会もあるそうです。
この場では、心からありがとうございました。とお伝えしたいです。

 

変わって新メンバーとして、埼玉校のインストラクターに加わるのが紅林健一さんです。
紅林さんの詳細経歴と、ご本人からのメッセージは後日スタッフ紹介としてETGSホーム頁に掲載しますが、ETGSのインストラクター養成コースを受講後、都内の有名ゴルフスクールを経て今回ETGSのインストラクターに迎えました。
是非ご期待ください。

 

この関係で来期から内海プロが千葉校に戻ります。

最後に塩原重男さんの一本締めでお開きです。

 

集合写真はこちらです。


江連プロは呉さんのお子さんにEアイアンを持たせて、今から第**期の会員候補にアプローチです。

横田プロが江連プロにもっと関東に来てたくさんのアマチュアのスキルアップに力を貸してほしいと直訴していました。
ETGSの来期はもっと江連プロに会える機会が増えるかもしれません。
是非、第8期のETGSにご期待ください。

その他のイベント報告はこちらをクリックしてください。
ページトップへ
 
前のページへ戻る