第26回ETGS杯ゴルフコンペレビュー
第26回ETGS杯ゴルフコンペレビューが3月27日(木)千葉県香取市のグレンオークスカントリークラブで行われました。
ここは、一昨年の20回コンペ時も「岸部桃子プロ誕生記念」と題して実施したコースです。



お天気は雨のち曇りで少し肌寒い陽気でした。
あいにく桜の下でのラウンドとはならなかったんです。

また、練習場が充実しているのも魅力の1つで、300ヤードのドライビングレンジから、アプローチレンジ、パッティンググリーンに至るまで設置されています。
参加者は雨の中も普段通り、ウォーミングアップのため練習に余念がありません。

 

今日は1組目のスタートが少し早目の8:03。
ということで7:40からルール説明を合わせて朝礼です。
今日の実行委員長は岩崎プロです。

 

今回の参加は会員の皆さん16名、ETGSスタッフはプロを含め5名の計21名で行われました。



当日は雨だけでなく風速10m以上の時もあり、厄介なラウンドになりそうな予感です。

それではプレーの模様を追っていきましょう。

NO.1ホール 322Y Par4です。
岸部プロのパーティです。
男子は平館さんだけ。千葉さん 西澤さんです。お約束で横田プロもご一緒に!
ここからは先日グァムツアーのトーナメントで優勝した西澤さん(最左)を追わせていただきました。西澤さんはレデースティ294Yからになります。その実力は・・・。

 

ティショットは少し左に飛びましたが、問題ない位置です。


2打目は5Wで右にプッシュアウトして隣のコースへ。ちょっとトラブルです。


ところが3打目がお見事!木の間を抜けて見事ピン奥8mにナイスオンでした。


この辺のリカバリーが実力者の証です。
1パットとはいきませんでしたが、難なく2パットで沈めてこれはナイスボギーです。
今日もやってくれそうな気配を感じました。



NO.2ホール 337Y Par4です。
横田プロのパーティです。
押尾さん 中原さん 勝木さんです。
こちらからは2年前のデビュー戦も取材した中原さん(右から2人目)を追っかけます。

 

久しぶりにスイングを見せていただきましたが、びっくりです。以前に比べ力強く、安定していました。流石ETGSです。ティショットはしっかり打ち抜きましたが少し左ラフにかかったようです。


2打目は23度のUTでグリーン手前30Yの花道まで運びました。


3打目は少しトップ気味に入ってしまいグリーン奥15mの下りのラインを残します。


しかしこの難しいラインを30㎝にナイスパットでナイスボギーでした。


1パットとはいきませんでしたが、難なく2パットで沈めてナイスボギーです。
2年前からの成長に恐れ入りました。ETGSの指導力を改めて実感です。

NO.3ホール 382Y Par4です。
おなじみの藤井御大のパーティです。
杉本さん 内田さんが加わります。
内田さん(最右)を追っかけます。

 

ずいぶんアゲインストの風が強くなりました。
ティショットは低い球を意識し過ぎたのか、トップ目に入りました。


2打目は23度のUTでグリーン手前100Yの花道まで運びます。


3打目はPWを選択したのですが、アゲインストで距離感が合わず惜しくもグリーン手前7mに。


ここで、迷った末に選択したクラブはパター。2回のショットがアゲインストの影響を受けたことがトラウマだったのか、ウエッジに自信が持てなかったのか…?
しかしこの選択が吉と出ました。1.5mにしっかり寄せます。ご本人の評価は85点!
しっかり沈めてナイスボギーでした。



ここでちょこっと小休止。
グレンオークスカントリークラブではETGSが掲げる「Play Fast」のプレートをカートの前方に掲げています。「上手いより速いがカッコイイ。」メッセージはプレーヤーに改めて気付きを伝えているんですね。素晴らしい!!

 

さて午後の部です。
こちらもNO.1ホール 今回はレギュラーティの324Y Par4です。
伊丹プロのパーティです。
南雲さん、伊澤さん 下茂さんです。
ここからはまだ入会新しい南雲さん(最左)を追わせていただきました。
見た目もスポーツマン体系で飛ばしそうです。

 

思った通り、ティショット20度のUTでしたが伊丹プロと同じ飛距離でナイスショット!絶好のポジションです。


2打目は残り100Yからの絶好のポジションからAWでしたが…。
残念ながらダフってしまい40Yを7残します。


3打目はPWで転がしを選択。グリーン奥3mにつけます。


難しい下りのラインでしたが、2パットでボギーとまずまずです。


しかし、今日の南雲さんは午前中絶好調!!!
自己ベスト更新の「38」だったそうです。
後半も頑張ってくださいね。

こちらも午後のNO.2ホール 337Y Par4です。
競技委員長岩崎プロのパーティです。
メンバーも塩原さん、三木さん 小倉さんと実力者揃いです。
こちらからは、入会3年目を迎える三木さん(最左)を追っかけます。

 

ティショットはドライバーでナイスショット!「今日1」と仰っていたとおり、240Y越えのナイススイングでした。


アゲインストの残り150Yは6Iを選択してコントロールでしたが、少し力が入ってつかまってしまってグリーン奥にオンです。


さて3打目となる6mの下りのラインでしたが、1.5mオーバーで微妙な距離を残します。


残念ながらパーパットを外しましたが、全体的に安心して見ていられる内容でした。


さてさて、このパーティが実は凄いことをやってくれたんですが、内容は後程です。

さて表彰式です。
各プロからのコメントを紹介します。

<横田プロ>
皆さんショットは全体的に上手くなっています。
寒い時期には外で芝で打つレッスンが少なくなった分、アプローチの勘が戻っていなかったようです。是非、身体をほぐした後は少しでも外に出て芝の上からアプローチの練習をしてください。今のままのショットなら必ずスコアに繋がります。

<伊丹プロ>
ショットでリズムが良くなっている方が増えました。良いリズムは無駄な力を抜き、タイミング良く振れるので曲がりも少なくなります。
後は、ラウンドで実感することでもっと技術は上がります。
もう一つラウンドではコースマネジメントすることを忘れずに。
個人的には、この天候とコンディションでハーフベスト更新した南雲さんは素晴らしいです。まだまだノビシロを感じるラウンドでした。

<岩崎プロ>
横田プロと同じです。せっかく良いショットができてもアプローチでミスをする方が多かったと思います。悪天候の場合はイメージ力を高めて、どんな球筋で寄せるかをシュミレーションしてからそのクラブとアドレスが自然にできることが必要です。

さて成績優秀者は下記です。
岩崎プロのパーティ3名が1,2,3フィニッシュだったんです。
女性部門は何と西澤さん。グァムの優勝に続いての受賞です。

私が追っかけした方が揃って優勝!これも嬉しかったです。

今日はあいにくの天候でしたが、次回第27回は5月11日(日)江連プロ講演会のあるコンペです。ご参加される皆さん、がんばってくださいませ。
優秀成績者 総合
  名前 NET GROSS
優勝 三木 健太郎 71.8 85
準優勝 小倉 康介様 72.6 87
3位 塩原 重男 73.6 88


三木 健太郎

小倉 康介

塩原 重男
優秀成績者 女性部門
  名前 NET GROSS
優勝 西澤 伸子 75.0 93


西澤 伸子

その他のイベント報告はこちらをクリックしてください。
ページトップへ
 
前のページへ戻る