第4回 ETGS海外ツアー inバンコク&グアムツアー レポート
今年も寒い日本を離れ行ってまいりました。

inバンコクが2月15日(水)~2月19日(日)
参加人数は男性10名、女性1名、プロを合わせたスタッフ3名の計14名

inグアムが2月16日(木)~2月19日(日)
参加人数は男性3名、女性1名、(1組は西澤様ご夫妻)と横田プロを合わせた計5名
でした。

まずはinバンコクからです。

ラウンド日程は昨年のアマタスプリングコースとザ・ロイヤルゴルフに加えて今回始めてリバーデイゴルフ&カントリークラブを加えた3ヶ所です。

往路は各自成田を出発し当日18時半からミーティングを兼ねて参加者全員でタイのシーフード料理店「ソンブーン」で食事でした。

 

皆さん美味しいタイ料理を堪能されていました。
ちなみに今回滞在のインペリアルクイーンズパークホテルのお部屋とそこから眺望したバンコクの街はこちらです。

 

さて、翌16日は各自朝食を済ませ、早々に出発です。
最初のラウンドは今回初めて加えたリバーデイゴルフ&カントリークラブです。
ここは昨年7月に始まり3か月以上続いた洪水で大きな被害を受けたゴルフ場です。
ETGSでは東日本大震災の復興協力も行っていますが、タイでも同じように損害を受けたゴルフ場に少しでもお役にたてればと言うことでの選択です。
災害の影響を感じさせながらもスタッフたちの努力で今は美しい景観を取り戻していました。

 

まずは練習場の風景から

 

皆さん練習から飛ばしていますねぇ。
ラウンドでは力抜いてくださいね。と伊丹プロからアドバイスです。


では恒例のスタート前の集合写真です。
楽しく頑張って来てください。


乾期のタイは非常にしのぎやすいからでしょうか、皆さんナイスショットの連発でした。

 

こんなトラブルショットもそれはそれで楽しい気分になるというから不思議です。

 

皆さん初日を笑顔で終えることができたようです。

初日のプレー終了後はモダンタイ料理のお店「ジェーゴーキッチン」で食事です。


こちらのシーフードは南タイから毎日送られる新鮮なものを使い、カニは一級品、野菜は全て無農薬野菜を使っているため日本人でも安心して召し上がっていただけるレストランです。

 

さて翌日は恒例となったアマタスプリングコースです。

今回はスタートが6時30分と早かったこともあり、5時にはホテルを出発です。
コースに到着すると、ゴルフ場がウエルカムボードで歓迎してくれました。

 

こちらのコースは幸いにも洪水の被害が無く、毎回見せるその気品はさすが名門の名の通り風格を感じさせてくれます。

 

練習場に向かうとまだ夜明け前でしたが、皆さん練習に励んでました。練習場で迎えるタイの夜明けも格別です。

 

早速スタートです。
こちらは内海プロと伊丹プロのティショットです。
夜明けの朝一ショットでもさすがはプロ!
ナイスショットです。

 

皆さん、キャディさんとの記念ショットも良いですが、次はいよいよ名物浮島のホールですよ、しっかりお願いしますよ。

 

で名物ホールにやってまいりました。
世界でも2つしかない海に浮かぶ17番 浮島のショートホールでございます。

 

昨年池ポチャの方はここで雪辱であります。
結果は…。
悲喜交々でした。

このコースは浮島に行くまでに船に乗るのですが、飼いならしたかのように餌を欲しがって魚が水面まで出てきます。

 

ちなみにこの日2/17は内海プロのお誕生日でした。
地元のキャディさんがカップケーキでお祝いしてくれました。内海プロ鼻の下が…。

 

この日はスタートが早ったこともあり、2ラウンドする方もいらっしゃいました。
せっかくタイまで来ているのですから体力が許せば当然であります。
但しラフがきつく、入るとかなり苦戦していた皆さんはフェアウェイにあるボールにホッとしたことでしょう。
しかし、皆さん疲れ知らずですね。

さて、名門アマタのプレーも終了です。
もう一度皆さんで記念撮影です。


内海プロ、もうお誕生日会はおしまいです。


夕食はタイの和食レストランで食事後早々に就寝されたようです。

さて、いよいよ最終日。
こちらも昨年同様ザ・ロイヤルゴルフでした。
タイでも難コースと言われるこちらのコースは練習場でいかにシュミレーションしておくかが重要です。
スタートが遅かったので、皆さん十分に汗を流していました。

 

それにしても綺麗なコースです。

 

プレー終了後クラブハウスのレストランで打ち上げパーティです。

 

コンペではないと言っても、その日の疑問はその日のうちに解決がETGS流です。
各プロのレッスン会が行われました。

 

終了後、お土産とお土産話を持参して各自帰路につきました。皆さんお疲れ様でした。
来年も行きましょうね!

 
 

続いてinグアムです。
舞台となったのは「スターツグアムゴルフリゾート」であります。

 

こちらは日本から約3時間半で行ける1番近いアメリカで、グアム国際空港やタモン街から車で約20分と好立地にあります。コースも27ホールと多岐にわたり、しかも廻り放題。まさしく海外ゴルフを満喫するには最高のリゾート施設であります。
15時過ぎに到着後まずは肩慣らしとレッスンで7Iとパターだけ持って日没までの9ホールプレーをラウンドです。

横田プロ帯同の元、一人一人に檄が飛びます。

 

木越えのショットもこんなもんであります。


グアムの夜はさすがにリゾート地らしく、街に出ると誘惑も一杯ですが皆さん今日はホテルでゆっくりくつろがれた様であります。
明日からの「廻り放題」に備えて…。

さて次の朝、早朝から早速ティショットであります。
今日は14本持ってフルラウンドです。

 
 

このコースは左右も広くフラットで快適なプレーを楽しめます。

 
 

皆さん楽しそうでしょ。

 
 

唯一厄介なのはバンカーであります。
赤土で砂が泥のように重いため、しっかり打たないとチョロやオオダフリになります。

 

食事は日本人には慣れ親しんだ洋食が主体ですがホテル内では和食も多種出されます。
またほとんどの場所で日本語が通じるため、何一つ不自由なくゴルフに没頭できます。

 

さて、最終日不思議なエポックがありました。
横田プロの提案で試合形式をとったのですが、その結果…。
なんと参加者全員が同スコアだったのです。
「全員優勝!」ってことでinグアムツアーはお開きとなりました。
で、この笑顔です。

 

ゴルフの神様の最後のプレゼントでありました。

今年もETGSの海外ツアーは恙無く終了したのであります。

お時間の許す方は来年こそご参加を検討くださいませ。
その他のイベント報告はこちらをクリックしてください。
ページトップへ
 
前のページへ戻る