第1回ETGS名門コースツアー「大洗ゴルフ倶楽部」
3月3日、4日の2日間にわたり 第1回ETGS名門コースツアーが茨城県の「大洗ゴルフ倶楽部」で行われました。
同行は内海大祐プロで、男女合わせて6名のETGS会員の皆さまが参加されました。

名匠井上誠一設計のコースは直径30cm以上の松が約2万5千本、その中で樹齢百年に達しようかという巨松は千数百本に及ぶ松林コースです。
ショットは海からの風が微妙なコントロールを要し、距離のあるホール、テクニックが要求されるホールなど戦略性に富んだホールがバランスよく盛り込まれています。
さらにグリーン上ではせり出した松の木が陰を落としプレーヤーの集中力を欠くシチュエーションをつくるという気の抜けないコースです。
このようにしっかりしたコースマネージメントと集中力で臨む必要があるコースですが、参加された会員の皆様は和気あいあいと楽しくプレーされていました。
ETGSでは今後は名門コースだけに留まらず、プロのトーナメント実施直後のコース体験なども計画していきたいと思っています。
次回も乞うご期待ください。
<名所紹介>
大洗ゴルフ倶楽部近くの海岸に面した場所に、茨城県指定の文化財にもなっている磯前神社があります。その中でも神磯鳥居(写真)は大洗海岸の荒波が砕ける岩場の突端に建ち鳥居と海と朝日が重なる絶景を覗うことができる名所です。
ゴルフ帰りに是非ご堪能あれ。
その他のイベント報告はこちらをクリックしてください。
ページトップへ
 
前のページへ戻る