Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第72回
Play Fast!
すっかり秋。
残暑では、涼しくなるのかと心配していた貴兄も少なくなかったと思います。
いよいよ、本格的ゴルフシーズンがやってまいりました。
トーナメントも目白押しです。

前回は、年齢に応じて練習の仕方を見直すアドバイスをいただきましたが実践してますか?

さて、今回はメンタル面というかゴルフプレイの姿勢と言いますか…。

表題のとおりETGSでは今季のスローガンを「PlayFast!」に決めました。


応接にプレートを掲げました。

その経緯を横田プロに聞いてきました。

ゴルフマナーとしても非常に重要な要素ですが、自分自身の上達にも欠かせない要素です。
技術面以外で私たちが皆さんに教える基本になっているキーワードでもあります。

私がゴルフを始めて今までの経験で、ゴルフが上手な人はまずプレーが早いです。

「忙しない」セワシナイとは違います。

練習で培った知識を身体と脳に理解させ、先を読みコースではスッとアドレスしたら、それをただ実行するだけ。
そのためには情報と状況の把握力が必要です。

これは自信の有無なのかもしれませんし、日頃からどんな練習を積んでいるかにもよります。
意識をどう持つかも重要です。

もう一つ「PlayFast!」には人を思いやる要素があります。
ゴルフのもう一つの重要な要素である「一緒のパーティでプレーする人に心遣いする」ができていないとできない行為です。

「PlayFast!」は「3S」のキーワードで覚えてください。

1.「Smartなゴルフ」

2.「Simpleなゴルフ」

3.「Scoreが上がるゴルフ」

実行して上達するか、上達したらそうなっていたのか…?

基本アマチュアの皆さんは前者だと思います。

これからのプレーに意識して取り入れてください。


ありがとうございました。
ゴルフマナーとしても非常に重要な要素ですが、自分自身 人間としての上達にも欠かせない要素かもしれません。

吉田茂 元首相の側近を務め、官僚、実業家でありながら超名門「軽井沢ゴルフ倶楽部」の理事長を務めた白洲次郎氏はゴルフもさることながら何事にも自身の行動ポリシーを「Play Fast!」と定めていたと聞きます。

ゴルフだけでなくビジネスや人生でも成功する秘訣なのかもしれません。

皆様も是非、実行してみてください。


<トピックス>
読売新聞に岸部プロデビュー戦の記事が掲載されました。
今年の女子プロ合格者の中で注目率はNO.1かもしれません。


PS:一緒に写っているキャディの男性は誰だか分りますか?
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る