Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第67回
女性ゴルファーの上達のために
ロンドンオリンピックが始まりました。
「がんばれ日本」のテーマで代表選手が英国入りしました。
これが掲載される頃には、いくつかのメダルを獲得した選手が各メディアで取りざたされていることでしょう。
日本人として心からその精神を称え、応援したいと思います。
さて皆さんには既にご報告の通り、このコーナーでも何度かご紹介したETGS所属の岸部桃子がLPGAのプロテストを一発で合格しました。
おめでとうございます。
彼女からのコメントはどこよりも詳細を取材して改めて掲載したいと思います。

そこで今回は、女性のためのゴルフデビューに関してのアドバイスを伊丹プロからいただきましたのでご紹介させていただきます。


男性に比べて非力な女性初心者の方には特に最初にプロのレッスンを受けることをお勧めします。
何事も最初が肝心です。アマチュアの経験者が練習場で初心者の女性にスイングアドバイスをする光景をよく見かけます。
それが悪い訳ではありません。
ただそれなりに上達するためにはスイング前に基礎づくりがありきだということなんです。

スイングづくりには理論があります。
それを口頭で聞いてすぐ実現できる人は少ないと思います。
ETGSのレッスンではそれが自然にできるように身体に憶え込ませるための動きを体感して基礎づくりをすることから始めています。
もちろん、正しいグリップ・アドレスは最初に必要ですが、スイングは別です。

確かに遊び程度でゴルフを行うなら、すぐにボ-ルを打ちたいと思いますが最初から真っすぐ打てる人がどれぐらいいますか?
独学で行ってコースデビューをする迄にはかなりの時間とお金がかかることは間違いないと思います。
それよりは少し遠回りかと思うでしょうが、最初にプロの指導者からレッスンを受けた方が結果近道です。

最初に変なクセをつけてしまうと、まず直すことに時間を要してしまいます。だったら最初からレッスンを受けた方が上達の近道というわけです。人の体力には個人差があります。ETGSではその方の体力にあわせたメニューを組みますので安心してご参加ください。
無理なレッスンは一切しません。できることから身につけて
行くことが結果、上達の近道だということをご理解いただけると思います。

またクラブ選びのアドバイスもさせていただきます。その人にあったクラブを使うことも上達には不可欠です。

極端ですが、動きやすい身なりで手ぶらでお越しいただければ結構です。皆さんのご参加をお待ちしております。

レッスン書や雑誌を片手に独学でゴルフ練習をしている女性の皆様、まずはETGSで優しい伊丹プロの無料体験レッスンを体験してみてください。

PS:もちろん男性も大歓迎です。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る