Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第44回
肉体面:フィジカルで病んだ時は…。
日本では丁度夏休み中の方もいらっしゃるのでは?
ゴルフ以外にも家族サービスしてる皆さんもいらっしゃるのではないでしょうか?もちろん、泊まりがけでゴルフ三昧の方も…。
会社がスタートした方は気持ちを入れ替えて頑張ってください。

8月7日迄アメリカ オハイオ州で行われた男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待ご覧になりましたか?
アダム・スコット(豪)が優勝したのですが、彼と最終組で回った石川遼選手、惜しかったですね。一時並んだ時はもしかして行けるかも、と思った方いらっしゃったことでしょう。
結果4位でしたが、好成績だったと思います。
これから秋に向けての日本ツアーでも好成績が期待できそうです。
個人的には、ちょいちょい変える髪型にも期待しているのですが…(笑)

さて、ETGSでは今バンカーの一つに芝を養生して「グラスバンカー」を作っています。深いラフからのアプローチを練習いただける日も近いのでお待ちください。

さて、前回は諸見里プロの不振がメンタル面からのもので、その解消方法のヒントを記載しました。
今回は、身体本体「肉体」的に病んだ時に関してです。
先日スタジオで年配の会員さんが「去年蚊に喰われた跡が消えないんだよねぇ、歳を感じるよ。」と云っていました(笑)
皆さんも思い当たるコトがありませんか?

人間誰しも、怪我もしますし歳もとります。
プロゴルファーとて同じです。
かのタイガーウッズは今年のマスターズで古傷の左膝を痛め失速して4位。
その後のプレーヤーズ選手権では初日の前半で棄権後「全米オープン」「全英オープン」も不参加に終わっています。
日本の選手でも、杉原プロは癌と闘いながらツアー参戦をしています。
ジャンボはレギュラーツアーにこだわって参戦を続けていますが、持病の坐骨神経痛と闘いながら頑張っています。
今年気になるのは丸山茂樹プロ。「日本プロ」を腰痛で棄権したのを皮きりに「ダイヤモンドカップ」「日本ゴルフツアー選手権」と3試合連続で棄権しています。心配です。

このように体幹が強いプロスポーツ選手でも、病気や怪我を引きずっているケースは少なくありません。また先に述べた「年齢を重ねる」中での衰えは誰しもあります。
そんな肉体的に不安を持ちながらゴルフを続けていくための秘訣を聞いてきました。

ETGSのプロは会員の皆様にレッスンする際。「無理しないでください」を連呼します。簡単な労い言葉に聞こえますが、この言葉には「自身の身体の調子を把握してますか?」という意味です。
身体に支障がある時に無理はしない。が基本です。

7/24からも「第3回全英シニアオープン」が行われていましたが出場選手はもちろん50歳以上。あちこちと故障があるとは思うのですが飛距離も小技もレギュラーツアーの選手に引けを取らない感じでした。
こういったプロは、先に述べた「自身の身体の調子を把握し、それに合わせたゴルフに対応できる方です」と伊丹プロは言います。

無理せずケアして身体と相談しながらできることをする。良くなってきたら、徐々に基本に修正していく。だそうです。

プレー前に必ずやっていただきたいことは、急に身体を動かさずストレッチ運動をする。
屈伸や開脚、肩入れなど何でも良いです。
「これから負担をかけますのでよろしくネ。」ぐらいの気持ちでやってください。とのことでした。

伊丹プロ自身も膝・腰を患っていて週に1、2度はスタジオでトレーナーの布施先生に施術を受けているそうです。
これぐらいのスパンで労わってやらないと身体も悲鳴を上げますので、とのことです。

要は年齢がいってもそれなりに活躍しているプロは自身の身体を労わりながら付き合う必要があるんですね。

ETGSの会員の皆さんは30代後半から50代迄で80%を占めています。
石川遼プロのスイングを見て、これぐらい「マンブリ」したいなぁと思いますが、そこはガマン ガマンであります。
ゴルフのスコアは飛距離だけではありません。アプローチやパッティングもスコアをまとめる大事な要素です。

「心・技・体」とはよく言ったものです。人間全て好調とはなかなか行かないもの。今の自分の身体と向き合って「付き合い上手」になる努力をしてくださいませ。過信せず今の自分を冷静に見つめ直すと、気付かなかった対処法も見つかると思います。

前回のメンタルに続いて今回は「フィジカル」で悩んだ時の対処法をご紹介しました。

実はかく言う私も今年50歳。
半年前に痛めた膝が治らず本日8/17手術をしております。
実はこの原稿も検査入院した病院で書いているんです(涙)。
身体との付き合い方が下手でして…。
自身への自戒も含めてこの原稿を皆さんにおくります。


追伸:8/1発売の『ゴルフコミック』(秋田書店)の巻頭特集で「ここを真似ればもっと飛ぶ」と題した横田プロの飛距離アップ特集が掲載されています。
ETGSのレッスン要素満載です。是非ご覧くださいませ。

また、ETGSでは22日から28日迄の1週間を夏季休業とさせていただいております。
何卒ご了承ください。29日からは通常通り営業させていただきます。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る