Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第20回
練習場やコースに行かなくても上達する方法
さて、お盆休みが継続されている方も多いと思います。前回ご紹介した「真夏のゴルフ」対策をうまく活かして秋に向けてゴルフ上達の参考にしてください。
さて、練習場やコースに行かなくても上達する方法を各プロからコメントいただきましたのでご紹介します。

人にはそれぞれ「伸びしろ」があります。
若いうちからプロを目指すなら、高いレベルの厳しい集中練習をすることが重要です。こういう方にはETGSでは研修生制度を設けています。
また、ジュニア育成にも力を入れていますので中・高生はジュニア会員となって練習に取り組んでいく制度も設けています。
しかしETGSの会員さんの多くは、普段は別のお仕事をされている中でゴルフ上達を目指している方が大半です。
さすがに毎日スタジオに来て練習できるほどの時間は無いでしょう。
そこで、今回はそんな制約の中で少しでもゴルフ上達ができる方法を伝授します。このコーナーでもランダムにいくつかご紹介しましたが、今回まとめてご紹介したいと思います。

<イメージトレーニング>
・「ETGSビデオレッスン」
ETGSではアマチュアにも参考になる女子プロゴルファーのスイングを見ながら、各プロが解説・アドバイスをするレッスンがあります。テレビやネットでも見ることはできますが、プロの解説を聞きながらのレッスンは一味違います。
・「良かった時のプレースタイルを思い出す」
自分の今までのラウンドプレーを振り返ってみて、調子の良かった時、スコアの良かった時はどんな事に留意したか(スイングやプレーしている時のインターバル等)を思い出すことが大事です。悪かった部分を振り返るよりも数倍の効果があります。
・「回るコースのシュミレーションを事前にする」
ホーム頁等で事前にコースを調べて、ティーグラウンドでどこをターゲットにしてどこに立つかなどを18ホール全部行ってみましょう。セカンドを地点からグリーンをどう狙うかも併せてシュミレーションできれば尚効果大です。

<体のメンテナンス>
・「常に筋肉を動かしましょう」
ストレッチや柔軟を毎日行うことは意外とできないものです。
自分なりに毎日継続できる方法を考えましょう。
・「体のバランス確認する」
たまにはプロの整体師やマッサージ師の施術を受けましょう。
ETGSの布施先生はその時の患者さんのコンディションを聞いてそれに合った対応してくれます。まだ、施術を受けていない方は是非お試しください。
また、バランスボールの使用も効果的です。例えばバランスを取りながらテレビを見るだけでも腰が柔軟になります。
・「スタミナをつける」
ジョギングやジム通いも良いですが、まずはバランスの良い食事、規則正しい生活を送る努力をしましょう。特にこの時期はだるさや疲れやすくなっていると感じたら夜更かしや深酒せず早めの就寝をお勧めします。
また、普段からエスカレーターやエレベーターを利用せず、階段を利用することも下半身のトレーニングには最適です。身近なことから始めてみましょう。

<その他のチョットした工夫>
・「利き手と逆の手をすすんで使う」
箸、ドアの開閉、カギ、雑巾掛け、窓拭き、など利き手のみ片手でする行為はたくさんあるはずです。努めて利き手でない手で作業をしてみましょう。
・「目を閉じて片足立ち」
1分間できれば合格です。カウントダウンタイマーをかけて何かの上に立って試してみましょう。少しでも動いたらダメです。できるまでトライしてみてください。
・「トスをする練習をする」
例えばゴミ箱にゴミを捨てる時に放り投げる入れる繰り返しは、アプローチの距離感を育む練習にもってこいです。
・「短い棒を持って家の中で素振り」
長いものは危ないので短めで重量のあるものを使った方がベターです。
横田プロ考案の「アンギュラーモーション」は役に立ちますよ。
http://www.golfdigest.co.jp/digest/goods/angular_motion/default.asp
これを左右共にボールを打つイメージで毎日行うだけで良いスイングが身に付きます。

<クラブのメンテナンスはとても重要>
・「クラブチェック」
今使っているクラブが自分に合っているかどうか皆さんは専門家にチェックしてもらったことはありますか?ライ角、ロフト角、バランス等を自分にあわせて調整することでショットが見違えるように良くなることがあります。
また、体力のある若い時に買ったクラブが年齢とともに合わなくなっていることもありますので、違和感を感じたらチェックすることをお勧めします。
・「特にグリップの交換はこまめに行う」
グリップが摩耗していると滑らない様にグリッププレッシャーが必要以上に強くなってしまいます。ETGSでは「グリッププレッシャーは極力優しく」を推奨しています。クラブは自分のスコアメイクをしてくれる大切な相棒です。ラウンドしない時にもチェックを欠かさないようにして万全の状態でプレーに臨みましょう。
*ETGSにはクラブ工房がありますので、その場でチェックするこが可能です。

いろいろなアドバイスを頂きましたがいかがでしたか?
ただ、仕事中にゴルフのことばかり考えていたり、変な格好をしていると支障を来すことも多々ありますのでくれぐれもご注意くださいませ。
広告の受け売りではありませんが「家でやろう!」と言われてしまいます(笑)
コースや練習場に行けない時は早速試してみてください。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る