Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第13回
フットワークを使ってスイングする???
いよいよGWに入りました。
ラウンド予定の方も多々いらっしゃると思います。
私はどうしても右肘の痛みが引かなくて、今年はあきらめました。

さて今回は「ETGSのスイング」の話です。
アドレスでは力を抜いて自然体で構える。
いろんなレッスン書に書いてあることですが、人それぞれ体格も違えば長年やって来た他のスポーツの癖などが残ってなかなか簡単にはできないと思います。
力を抜いて自然体でスイングできるコツはないかを聞いてみました。
伊丹プロ曰く「上半身の力を抜くために、下半身をしっかり踏ん張って安定させる方がいらっしゃいますがこれは間違っています。ETGSでは力を抜くことに執着しないでどのタイミングで力を入れれば良いのかを体感いただくためのレッスンをとりいれています。」とのこと。
それはフットワークを使うことにありました。
スイングは下半身のフットワークをフルに使うことだとレッスンしています。
スイングですから、左右に動いて良いというのです。要は左右にしっかり体重移動することなんですが。
そこでキーになるのは股関節の使い方。
バックスイングでは右股関節に入れて、ダウンスイングからは左股関節にしっかり入れる。
これを基本にしてフットワークを使ってスイングできるようになると自然にヘッドスピードが上がって飛距離も伸び、頭も動かなくなるんだそうです。
頭を動かさないことだけに執着すると腕や手でスイングすることになり、曲がり、ダフリ、トップ等悪い結果が付いてくるそうです。
またバックスイングでは右の股関節に入るまでは膝の角度を保ち、入ったら終わりを意識すると、オーバースイングは自然となくなるそうです。ダウンからフォローも一緒でインパクトまでは膝の角度は変えず、左に乗った体重を左股関節で受け止め、しっかり壁を作りフォローでは膝を伸ばしてフィニッシュ!
良いことづくしなんですがこれがなかなかできません。
特に左の股関節の入れ方は難しいらしく頭で理解してもなかなかできないそうです。できるまでには相当の訓練が必要とのことでした。
ETGSではこれを身体に覚え込ませるために、「バット打ち」レッスンがあります。
バットは長いものと伊丹プロ手作りの短くて平べったいものがあります。
これを持ってフットワークを使い、しっかり左右の体重移動を意識して、ステップしながらテニスボールを打つというものです。右打ち、左打ち両方やります。
ETGSに入会された会員の皆様は最初は苦労したと言います。あたらないし、疲れるし・・・
ただ、これを毎回やっていると前述した「スイング」の本質が養われ、ゴルフクラブにボールをあてるコトがいとも簡単になるというのです。
これはなかなか自宅ではできないと思いますのでETGSの無料レッスンにご参加いただきご体感ください。
ちなみに私もやらせていただきましたが、本当に難しかったです。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る