Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第11回
雨の日のETGS
先日雨の日の取材に行ってきました。雨の日、会員の皆様はどんな練習をしているのでしょうか?朝10時頃到着したのですが、既にジュニアはトレーニングに励んでいました。
バット打ちやEアイアンでのスイングチェック、腹筋、背筋等の筋トレに至るまで抜け目はありません。
そのうち一般会員さんが続々と到着。
早々に練習を開始していました。その中で外でレインウェアを着用して黙々とアプローチの練習をする会員さんも。たしかにゴルフは雨の日も風の日もプレーします。アプローチ等ライの悪い雨の日に生芝で練習できるETGSは絶好のシュミレーション場所と言えます。キャリーとランの割合も変わります。選択するクラブも通常とは異なります。
身体に覚え込ませる良い機会なのです。
雨が少し小雨になると、待ってましたとばかり皆さん外のレンジに出始めました。
室内のレッスンで雨の日ならではのモノをご紹介します。
ビデオレッスンです。
この日は横田プロがコーチをしていた大場美智恵プロのスイングを見ながら内海プロが良い点を丁寧に解説していました。いつも何気なく見ているスイングも解説が付くと見る場所が変わります。何を参考にしてどう見習えば良いのかをレッスンしてくれます。
そうこうしているうちに室内練習場は会員さんで大盛況になっていました。
室内レンジの練習待ちの会員さんはパター練習を黙々と行っていました。
こんな風に雨の日も大盛況のETGSでした。
また、はなれにある酸素BOXでリラックスする会員さんもいました。1時間このBOXに入ると疲れがとれすっきりするそうです。次回は私も体験したいと思います。
<おまけ>
先日の取材で紹介した伊丹プロの掌をご紹介しましょう。どうですか、綺麗でしょう?「とてもプロゴルファーとは思えない手でしょ?」とはご本人の弁です。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る