Home > アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き > 連載記事
 ETGSレポート
アマチュアゴルファー「ノリ」の閃き
pagetop
第3回
ゴルフレッスンなのに球を打たないレッスン
ETGSでは週1回70分のレッスン基本としていますが6月から入った会員さんで、2か月たっても1回もボールを打つレッスンをしなかった会員さんがいるらしいです。えー、それはひどくないですか?(詐欺では???)
毎回300回近くの素振りだけでボールを全く打たせないレッスンばかりで辛くてやめていく「素振りの徳造」ってゴルフコミックがあるのを思い出しました。

真相を恐る恐る聞いてみたところ、何とそれは会員さんからの申し出によるものだっていうんです。
な、な、な、何でですか?と聞いたところ自分はまだ基本ができていないからもう少しレッスンを受けて自信を持ってからボールを打ちたいと申し出られたそうです。
私には考えられない・・・。
それもETGSの特徴で、ETGSにはボールを打たないでも満足できる豊富なドリルがあるってことで会員さんの多くは1年間のスパンで考えれば2か月ボールを打たないでも今は基本をしっかり学ぶことの方が重要だという意識に変わっていくらしいです。会員の皆様はそれぞれ脳を使ってゴルフをすることを覚えていくと自分が目標や達成意欲を持って練習するようになるそうです。
それともう一つびっくりしたのは、年間会員90名のうち90%以上の会員さんが振替を利用しても全レッスンカリキュラムを消化されるそうです。
ETGSの会員の皆様のゴルフに対する情熱の深さと真摯に取り組む姿勢を感じました。
しかしこれじゃ、レッスンプロの皆さんはゆっくり休めないですね。お疲れ様です。
 
ページトップへ
 
前のページへ戻る