ETGS会員の声



メンバー様のコメント


会員になって4か月で80台達成!
ベストスコア更新しました。

島良輔さん(1984年生まれ)
会員歴:7ヶ月(インタビュー時)
ゴルフは4年ほど前から始めました。
一般的にサラリーマンゴルファーが会社に入って、上司や先輩に勧められて始めるのと同様です。
学生時代からテニスをやってましたので、ボールを打つスポーツに抵抗は無かったんですが、ゴルフは思うように上達しないまま100前後を行ったり来たりの典型アマチュアゴルファーだったんです。
会社で年1回催されるコンペでも、鳴かず飛ばず。
ちょっと悔しい思いもしていました。

ある日何となくネットサーフィンしていると、自宅から2駅先のETGSを見つけました。ホームページで詳細を見ると江連忠プロのロジックをアマチュア向けに教えてくれるという記述や紹介コラムを見て魅力を感じて、早速 無料体験レッスンに応募しました。

齊藤プロが担当してくれたんですが、ゴルフボールは打たせてもらえず、テニスボールのバット打ち。これが何の役に立つのか最初は理解できなかったんです。
レッスン後にお話を伺った際に、ボールを飛ばすには何が必要かを訊ねられたので、「速いスイングスピード」と答えると、では、その速いスイングスピードで振れるようになるには何が必要か?という質問の答えに「パワー」と答えてNGを出されました。正解は
「しっかりした体幹づくり」
そのためのドリルがバット打ち、という説明には納得できました。
パワーで飛ばすスイングでは、年齢がいってからでは限界が来ると感じたんです。
また、ドラコン女子日本チャンピオンの齊藤プロに教わればしっかりした体幹づくりができて飛距離アップできると信じて入会を決意しました。

ETGSへの入会は正直サラリーマンの自分には贅沢な選択でもありましたが、長くできるゴルフ人生を考えれば決して高くないとも思えたのです。
更にETGS千葉校はレンジだけでなく、芝のアプローチやバンカー練習場もあり、その設備利用料も含まれることを考えれば安いと感じました。

それからは週1回のレッスンに真面目に通いました。
最初は苦手だったバット打ちもだんだん上手くなりました。
そうすると、最初は疑心暗鬼のレッスンが楽しく思えるようにもなったのです。

レッスンが好スコアに結びつくか不安だった入会4ヶ月後のラウンドでのことです。
スコアをあまり意識しすぎず、1打1打に集中して「リズムとテンポ」を大事にしてラウンドアップすると、何とあっさりベストスコア更新!
夢の80台"87"で上がることが出きました。

もちろん嬉しかったには違いないですが「信じて良かった。選んでよかった。」という気持が強かったですね。

今後の目標は80台をコンスタントに出せるようになること。いつか70台を出すことです。

そのためにも、これからもETGSのレッスンを信じて真面目にレッスンに通おうと思っています。


今まで通りこれからも信じて続けて行こうと思っています。
千葉祥子さん(19**年生まれ)
会員歴4年(インタビュー時)
ゴルフを始めたのは、MBA取得のためにイギリスに留学していた頃に、勉強ばかりの毎日ではもったいないのと、せっかくイギリスに住んでいたのでゴルフを始めようと、自分で"MBAの課外授業"と称して、大学院の寮の近くにあった練習場でゴルフのレッスンに通ったのがきっかけでした。

そして無事留学も終り、日本に帰ってきてから留学中の友人に誘われ、コースに出始めたのですが、数ヶ月後にはその友人がゴルフをやらなくなってしまい、「せっかく楽しくなってきたのにこのままではゴルフに行けなくなってしまう」と思い立ち、ネットでゴルフサークルを探したのです。そこで、たまたま運良く出会ったのが「ツアープロがアマチュアゴルファーにゴルフの楽しさと技術を教える」サークルで、一緒にゴルフに行ける友人が極端に少なかった私は、コースに出て、レッスンもしてもらえるなら、と初心者同然だったのに思い切って飛び込んでみたのです。

今考えれば、なんて無謀だったのだろう、と思いますが、そこで沢山のツアープロと知り合えて、本当に楽しく、ためになり、見るもの聞くこと全てが新鮮でその時から私のゴルフ熱に火が付き、どんどんゴルフにハマっていきました。

横田プロとは、実はその頃に知り合ったので、かれこれ10年ちょっと前くらいになるかもしれません。(!)

そして、それから数年が経って、雑誌で横田プロが千葉でETGSをオープンした事を知り、挨拶を兼ねてETGS見学に行ったのが、今から4年前。久しぶりに会った横田プロに、体験レッスンをしていただいたら、「だいぶ良くなってるね~。でもうちでバット振ったりしてもうちょっとネジを締めたら、もっと良くなるよ!」と言われ、「では、是非よろしくおねがいします♪」というノリでETGSの会員になりました。

しかし、そのネジを締めるということが実際に入会してみると、そうそう簡単な事ではないという事がだんだんとわかって来たのです。今まで、自分では気付いてなかったのですが、やっぱり手を使うスイングをしていたのです。そんな私に、横田プロは根気よく、手と体を一体に使うスイングがきちんと身に付くように指導してくださっています。

最初の2年間は、結構辛い時期もありましたが、3年目から少しずつレッスンの意味がわかるようになり、そして、自分でも「ちょっと飛躍したかも」と思ったのは、実は4年目に入ったばかりの去年の6月の出来事でした。

その頃、仕事で1ヶ月間香港に長期出張があり、ゴルフの練習が出来ない状況になってしまいました。その間にこれまで練習してきた事を忘れないようにと、ホテルの部屋で出来る練習メニューを作ってもらっていたので、毎日深夜まで残業しながらも出来る限り少しずつメニューをこなして、1ヶ月の出張が終わって帰ってきました。

帰ってきてからすぐのレッスンでは、さすがに横田プロも心配そうでしたが、その後のラウンドでハーフ30台が出て、ブランクを感じるどころか、手を使わないスイングが前よりしっくりきている事に気付きました。これには、自分でも嬉しい喜びで、その時から忙しくて練習場にいけなくてもその出張中にやってたドリルをやれば大丈夫、と、ゴルフに対して不思議な安心感を得ることが出来ました。表現は多少違いますが、いわゆる「怪我の功名」みたいな感じですね。(笑)

私は、ゴルフを最初に始めた時からレッスンをとってるせいか、いわゆるレッスンオタクなのです。なので、ETGSに入る前も沢山のプロのレッスンを受けてきました。そんないろいろなレッスンを受けてきた私が思うETGSの良さとは、、、たくさんあるのですが、トップ3をあえて言うなら、この3点だと思います。

1.長くゴルフを続けられるようなシンプルなスイングを根気よく丁寧に指導してくれる。
2.会員の皆さんがみんな心からゴルフ好きで同じ目標を持って来ているので話していて楽しいし、アットホームな雰囲気で居心地がよい。
3.ジュニアの指導にも力を入れているので、未来のプロゴルファーが育っていく様子を間近で見ることができる。

特に、1のポイントは重要な点だと感じています。私はゴルフを始めてから、友人の幅が非常に広くなり、人生がとても豊かになったと感じていて、ゴルフは一生続けて行きたいと心から思っています。でも、もしどこか体を壊したらそれも出来なくなってしまうので、このシンプルスイングはとても大事だと思っています。

その他、先日も宮古島ゴルフツアーのイベント旅行に参加して、4日間連続でプロとラウンドしたり、楽しい事が満載です!

最初は、毎週1時間かけて高速を使って千葉県までレッスンに通えるかどうか不安もありましたが、今では毎週ETGSに通うのが楽しくて、お正月などスタジオがお休みの週末は寂しく感じてしまいます。(爆)

これからも、私の密かなゴルフの目標達成に向けて、ETGSのプロ達に指導していただきながら一生ゴルフを続けて行きたいと思っています。今後とも是非よろしくお願いします!


女性でも安心して入会できました。飛距離アップもスコア向上ももっとがんばります。
大津聖美さん(1980年生まれ)
会員歴2年(インタビュー時)
自分としてはまだまだ若いつもりなんですが、流石に30歳を過ぎてから本格的にゴルフを始めるにあたっていろいろ考えました。
今からはじめて急激に上手くなれる自信も無かったのですが、ホームページでいろいろなスクールを検索していて、ここなら今の自分にマッチしたカリキュラムを組んでもらえると思い無料体験レッスンに申し込みました。

その時ショットを見た横田プロから「力強いスイングをされますね。とても初心者とは思えない。もっともっと上達しますよ。」というコメントに背中を押されて入会に踏み切りました。
監修の江連忠プロは諸見里しのぶプロや上田桃子プロなどの一流女子プロ選手を育成していますので女性に適したレッスン方法で教えてくれるに違いないとも思っていました。

もう一つの入会理由は設備の充実です。
最新のマシンに加えて、手作りのオリジナル練習ギア、更にショートゲームの上達には欠かせない芝から打てるアプローチ練習場やバンカーがあることですね。
たくさんの設備も会員になれば使いたい放題!
これだけゴルフに没頭できる環境に自分を置いて、1年間で結果が出なければ才能がないと納得して、きっぱり止めようと言い聞かせました。

最初のレッスンで基本になる「バット打ち」をやった時は正直かなり辛かったです。上手くあたらないのに全身汗びっしょりでした。しかもくたくた。
ゴルフは思った以上に体力を要するスポーツだと改めて認識しました。

ところが、これが上手くできるようになるのと比例して、ゴルフクラブでのミート率もかなり上がり、ショットに必要な力も付いたんです。

単純なのですが、このバット打ちが上手くなれば、もっと上手くなるに違いないと思い、一生懸命取り組みました。

結果として、入会して1年目で目標にしていたスコア100をきることができました。
もう一つ、ドライバーの飛距離も200Y近くをコンスタントに飛ばせるようになったんです。

先日、憧れの江連プロに見ていただいた時も「スイングが綺麗だね。諦めずに続けることが大事ですよ。」とアドバイスをいただいたことは自信になりました。

今の目標は2年目終了の2012年の5月末までに80台を出すこととドライバーの飛距離を210Yまで伸ばすことです。

そのための体力と筋力アップのために、毎週日曜日朝からのジュニアの早朝練習にも参加しています。
また時間のある時には、なるべくスタジオに足を運んで他の会員さんのレッスンを拝見したり、ワンポイントレッスンをいただきながら自己練習しています。

そのお陰で、先輩の会員さんともあっという間に親しくなり、いろいろアドバイスもいただけるようになりました。
会員の皆さんも親切な方ばかりですし、年齢層やお仕事も多種多様です。何よりゴルフに対する姿勢が真面目です。
ゴルフを通してできたコミュニティは私に充実した毎日を与えてくれています。

これからゴルフを始めようと思っている女性の方もETGSなら安心して入会いただいて大丈夫です。その方なりのカリキュラムを組んでもらえて必ず上達できると思います。
但し、真摯にゴルフのレベルアップを望んでいる方に来ていただきたいとは思いますが・・・。

スコアアップだけでなく楽しいゴルフライフが築けますよ。


クラブ最年少クラチャンをとれたのもETGSのおかげです。
西村真太郎さん(1995生まれ HC.7.2)
会員歴3年(インタビュー時)
僕はETGSのジュニア会員です。
中学1年から入会しましたのでETGS会員歴も3年になりました。
ゴルフを始めたのは小学校5年生の時、母の打ちっぱなしに付き合ったのがキッカケきかっけでした。
地元の野球チームに所属していたのですが、身体が大きい方ではないので中々結果が出せなくて悶々としていた時でもありました。
母のクラブを借りてボールを打った時、身体の中で何かが走ったような気がしたのを今でも覚えています。
大きなレンジではなかったのですが、ボールを打ち抜いた時の感覚の爽快感は、今まで味わったことのない気持ちの良いモノでした。
両親に頼んで7I、ピッチング、パターの3本のジュニア用クラブを買ってもらいました。
それからは野球よりゴルフが楽しくて、毎日のように練習場に行ってはボールを打ちました。また練習場のレッスンプロからのアドバイスも受けるようになりました。

両親はそれほどゴルフが上手い訳ではなかったのですが、伯父夫婦がゴルフ好きだったこともあり、小学校5年生の終わりに初ラウンドでコースに出ることができました。
スコアはよく覚えていませんが200打ほど叩いたと思います。
ただ、スコアの良し悪しより、大自然の中でボールを打ち、たまに出るナイスショットの感激の方がずっと印象的でした。

ある日、母が「週刊 ゴルフダイジェスト」に掲載されていたETGSの広告を見つけました。ジュニア育成にも力を入れているコメントをみて母が一度体験レッスンに行くことを勧めてくれました。
正直、江連プロや横田プロを知りませんでしたが、集中してゴルフが上達できるスクールに入れるならどこでも良かったんです。
体験レッスンは横田プロでした。
スイングに関しては練習場のレッスンプロからの指導も役立ち、褒めてもらいましたが、その他にもエア・バランサー上でのショットや、バット打ち等、上手くできない練習のバリエーションの多さにビックリしました。
一緒に連れて来てくれた母から、「やる自信に責任を持てるなら自分で決めなさい」と言われ思い切って入会を決心しました。

実は僕の自宅は埼玉の宮原というところで、ETGSまで電車で2時間ぐらいかかるんです。それが少し心配だったのですが母の言った「責任」の言葉が自分を奮い立たせたこともあり、毎週日曜日朝から実施されるジュニアトレーニングに参加し始めました。
ランニング、ダッシュ、階段の早昇降等きついトレーニングもありますが、ゴルフ上達に必要なんだ、と信じて今もがんばっています。

ボールを打つレッスンも横田プロからの厳しい指導を受け、自分に課した目標をクリアするために自主練習に励んでいます。
ただ、高校入学後のクラブ活動で、1年生で代表に選ばれたのは嬉しいのですが、県大会・関東ジュニアもそれほど良い結果が出ずイライラしていた時、「ゴルフコミック」に連載されている「キャディ愛」を読んでいると、身体が小さい中学生の愛の息子が、アプローチの巧みさで試合に勝つストーリーを読みました。
その時、自分もコレだと思い、それからはアプローチの練習に重点を置いて横田プロからもアドバイスを受けて特訓しました。

先ほどの伯父の関係で足利カントリークラブの会員になれることができたので、今年初めて7月に行うクラブチャンピオン選手権に出させていただきました。
何と初参加で「優勝」できたんです!もちろん最年小クラチャンでしたが、最後まで優勝争いをした方は2年連続の優勝者で飛距離も自分より20Y近く飛んでいました。
それでも勝てた要因が、特訓したアプローチのお陰だったんです。グリーンにパーオンしなくても、必ずピンに寄せることができれば、大叩きはしません。
正確さが距離を凌駕することを証明できたように思います。
その方からは、「君は日本アマで活躍できる才能があるからこれからもしっかりがんばりなさい。」と励ましの言葉をいただきました。素直に嬉しかったです。

飛距離に関しては、これからもっと体力トレーニングを積めば、必ず伸びるし、伸ばさないといけないと思っていますので、ショートゲームの練習と並行していきたいと思っています。
そのためにもETGSのジュニアトレーニングには、これからも必ず出席します。
ただ、厳しい練習に辛さだけを感じるのではなく、その先にある好結果を想い描いて楽しむことも忘れない気持ちでやるようにしています。
それが、長続きと上達の秘訣であると感じています。
横田プロはゴルフにおいては厳しい人ですが、ユーモアも欠かさない人です。
そうそう、僕の名前は「真太郎」ですが、横田プロがクラブの芯でボールを捉えられるように、ゴルフをやる際の別名を「芯太郎」と名付けてくれました。
応援して下さる皆様の期待にこたえられるように、これからもETGSで頑張りますのでよろしくお願いします。


私にとっての「ETGS」とゴルフライフ
塩原重男さん(1952生まれ HC.8)
会員歴2年(インタビュー時)
ゴルフは30年以上のキャリアがありますが典型的な月1ゴルファーで、自己流で何とか90を切るところまで来ていました。三年前にクラブ・メンバーになったのを機にもう一段上を目指し、競技ゴルフにも参加してみたいと思っていた折、某自動車メーカ主催のコンペに出た際ETGSのスタッフの方と同パーティでご一緒しました。江連忠プロの神戸のアカデミーの事は知っていましたが、関東にその理論を基にしたレッスンを受けることができる場所があるとは驚きでした。その方から勧められた体験レッスンを早速申し込み、ゴルフ情報誌でいつもおなじみの横田プロに診ていただきました。その時真っ先に指摘されたのがアドレスで、重心が後ろにありクラブ・フェースも開いていてスライスが出て当然と言うものでした。それらを直すだけで飛距離も間違いなく伸びると言う一言で、自己流の限界を知りその場で入会を決意しました。
実は2006年の10月に、あるプロアマ大会で江連プロに師事している上田桃子プロとラウンドしたことがありました。小さな体なのにそのパワーに驚かされ強烈な印象を受けました。以前から江連忠プロのゴルフ理論にも興味を持っていましたので、入会してもう少し細かく指導を受けることでさらに上達もできると思いました。ちなみに、上田プロはその翌年の2007年の賞金女王になったのはご存知に通りです。
今メインに伊丹プロから指導を受けているのですが、左右のバット打ちやゆるゆるグリップなどポイント・ポイントで新たな驚きあり、また基本も再確認でき今はレッスン自体とても楽しみに通っています。
何事もなければこれから15年はまだゴルフができると思いますし、自分よりはるかに若い人とプレーすることもできます。これもゴルフの最大の魅力の一つで、少しでも長くプレーを続けるためにもETGSのレッスンを通じて基礎を学びたいと思っています。
レッスンとは別に、スタジオやラウンド・レッスンで聞く横田プロ、伊丹プロ、内海プロのゴルフの話は技術面だけでなくメンタルな面でもすごく役に立っています。

また、ゴルフ上達に加えてにETGSは私にとってもう一つの大きな魅力を持っている場所です。
先日ETGS主催の「伊丹大介プロinバンコク3泊5日3ラウンドの旅」に参加してきました。2009ザ・ロイヤルトロフィー開催地アマタ・スプリング・コースや名門のタイCCなどを体験できるとあって大変楽しみにしていました。
3コースとも期待を裏切らない素晴らしいリゾート・コースで、中でも世界でも有名なアマタ・スプリング・コースの浮島のショート・ホールを1オンのパーであがった時には素直に嬉しかったです。

このアマタ・スプリング・コースは一般の人がラウンドするのは大変だと聞いておりましたし、私自身まさかこういったカタチで実現できるとは思っておりませんでしたのでETGSには非常に感謝しています。
このように自分ではなかなか実現できないゴルフに関する夢もETGSは叶えてくれます。
コース予約から宿泊の手配、さらに現地の観光スポットの案内まで至れり尽くせりで、その辺の旅行代理店以上です。
ETGSの主催するイベントにはこれからも積極的に参加させていただくつもりです。
さらに、ETGSでは職業、立場、性別、世代を超えてゴルフを通じたコミュニティがつくれている感じが嬉しいです。
仕事を通じてでは感じることのできない共通の喜びを分かち合える新しい仲間たちと巡り合えた事を感謝しながら、これからの人生をゴルフを通じて少しでも豊なものにしていきたいと思っています。


230Y→260Y!今考えると簡単にクリアできたことにビックリです。私がETGSで飛ばし屋になったイキサツをお話しましょう。
安藤崇生さん(1974生まれ HC.11)
会員歴2年(インタビュー時)
よく、レギュラーティから打つと230Yのポイントに旗が立っていますよね。
私は、基本そこを目安にしていました。
もちろん飛距離は出るにこしたコトはないんですが、スコアをまとめるのは先ず方向性だというコンサバな考えになっていたのは事実です。
球筋は軽いフェード系で210Y~230Yでした。
ある日、会社の取引先の方々とゴルフに行った際の話です。ご一緒したパーティの方は皆私より年上で、しかも「アラ50」でした。
朝一のティショットは私がオナーでした。
いつもどおり230Yの旗を目指してスイング!
若干スライス回転のタマでしたが、私としては及第点で215Yといったところでした。
次は私より15歳以上年上のMさん。
体格も私より小柄で、中肉中背という感じの普通の人です。
しかし結果は私の20Y以上オーバードライブ。続くIさん、Kさんも私を超えていきました。
Mさんから「安藤さん、若いのに堅実なゴルフするねぇ」と何気なく言われた言葉が私のゴルフ人生を変えたといっても過言ではありません。
Mさんは揶揄するわけでもなく、そのまま見た通りの感想を口に出したんだと思いますが、正直かなりショックでした。
私には「安藤さん、飛ばないねぇ」と言われた気がしたのです。
堅実に方向重視でスイングすることが悪いとは今でも思っていません。
ただ、これからの長いゴルフ人生で今からこれで良いんだろうか?と思いました。
守りのゴルフやスコアメイクだけのゴルフはもう少し経ってからでも良いんじゃないかと思うようになったんです。
そんな折、良いゴルフスクールはないものかとサイト検索していると、名コーチ「江連忠」の名前で開校1年目のETGSを見付けました。
家から近かったこともあり、早速チーフインストラクターの横田英治プロの無料体験レッスンを受けることにしました。
横田プロは大きな体重移動でヘッドスピードを上げ、ドローで飛距離アップを提唱する「2ステップ打法」を考案された方です。
早速スイングを見ていただけると思いきや短いバットを持たされ、テニスボールを打つトスバッティングを左手一本でさせられたのです。
試行錯誤しながら言われるがまま始めたのですが、これが中々うまく当たりません。
意地になって振れば振るほど空振りやこすり球しか打てませんでした。
横田プロから、今の20%の力で振ってみてもらえますか?という声がけに騙された気分で振ったところ“ジャストミート”
OKです。でももっと軽く握るともっと楽に当たりますよ。今度は今のまた半分の力でね。
但し、別のコトに気を回しましょう。と2つほどアドバイスを受けました。
はい、体験レッスンは終了です。
えっ?スイングは見ていただけないんですか?と返すと
今ので、見なくてもわかります。安藤さんは力を入れるところを勘違いしています。
飛ばしに必要なのは腕力ではなく体重移動です。
スクールに入って私のレッスンを受けていただければ、必ず飛距離アップをお約束します。
といわれました。
それが、入会のきっかけです。
最初は半信半疑でしたが、とにかく出来なかったバット打ちをやり続けました。
だんだん当たってくるのが嬉しくてね。
軌道が安定したっていうか、軸ができたっていうか。
で、ちょうど2ヵ月後にさっき言った同じメンバーの方々とコースを周ることになったのです。
今度は私が最後のティーオフでした。
3人の方々は、以前と同じように230Y~240Yで旗を超えていきました。
私は、今までのレッスンを信じてスイングしました。
すると、結果は260Y!。嬉しいのは当然ですが、それ以上に自分でもびっくりでした。
長いレンジのゴルフ練習場でのタマ打ちはほとんどやっていませんでしたので、飛距離がこれほど伸びているとは思わなかったんです。
Mさんからのコメントは「安藤さん、飛ばし屋だったんだねぇ。」
これです。これが私の求めていたコメントだったんだと気付きました。
今回はドライバーの飛距離のコトだけ話したんですが、スコアもかなり伸びたんです。
あわせて調子の良い時と悪い時の差がすごく縮まりました。
体調にあわせて上手にゴルフができるようになったという気がしています。
今はHC.11ですが、もうすぐシングルだと言い聞かせて練習しています。
飛距離アップだけでなくスコアメイクのための目からウロコ練習もたくさんあります。
皆さんも是非体験なさると良いと思います。
横田プロを信じて良かったです。ETGSバンザイ。


ゴルフ上達への近道レッスン
目標は1年間で90を切ることです。

藤村健次さん(1981生まれ 初心者です)
会員歴6ヶ月(インタビュー時)
僕は全くの初心者でして、ETGSへの入会にも正直抵抗はありました。
周りからゴルフは絶対やった方が良いと言われていましたが、正直おじさんのスポーツだと思っていたし、金銭的にも時間的にも拘束事が多いから難しいかなぁと思ってあまり気が進まなかったんです。
ただ、最近の石川遼君や池田勇太君など、若手の活躍が顕著になり、やってみようかなと思っていました。たまたま、会社の先輩がETGSに入会していたこともあり「無料体験レッスン」に行くことにしました。
江連プロは諸見里しのぶや上田桃子のコーチということで名前は知っていましたので、私みたいな初心者は相手にされないだろうと思っていました。
でも、せっかく始めるなら有名コーチに習いたいというミーハー的考えもあったのは事実です。
ただ、僕の家が八王子なので電車でも車でも片道2時間近くかかるんですよね。
これはきついなぁと思っていましたが、タダだから1回ぐらい行ってみるか程度で。

プロコーチの前で初心者がクラブでボールを打つのは格好悪いから嫌だなぁと思っていたのですが、では「バット打ち」をやりましょう と伊丹プロから言われました。
予想外のレッスン内容でしたが、この程度はできるとほっとしました。
ところが、これがうまく行かない。ただ、がむしゃらにやり続けました。はい終了です。
結局、クラブは握らしてもらえませんでした。
ゴルフスクールなのに何で???と思いました。
その後、伊丹プロと話をした際に「藤村さんは初心者ですが、私たちが最短で上達させてみせます。
ゴルフの上達だけでなく、健康保持や肉体能力の維持・強化にもなりますからフィジカルトレーニングだと思ってレッスンを続けてください。大丈夫!私たちを信じて付いて来てください。」
と言われて、入会を決めました。
入会後も、2か月ぐらいはクラブを振ることは稀でほとんどがバットやラケットでボールを打つレッスンばかりを受けました。
レッスン後の自主練習でもスイングアーク確認用の「EXPLANAR」を施したり、毎週日曜日に横田プロが実施しているジュニア育成のためのトレーニングに参加したりでクラブでボールを打つ練習は少なかったような気もします。
ある日レッスン受講日に「EXPLANAR」を使っていつものようにアーク起動の確認練習をしていると、内海プロから いつも熱心ですね。今日は外のレンジでボールを打つレッスンをしましょう と言われ7番アイアンを持ってボールを打ちました。するとまともに当たっていなかったボールが当たるようになっていました。一球一球アドバイスを受けながら打ち続けるとレッスンで受けた記憶が身体に蘇ってきました。だんだんまっすぐで力強いボールに変化していくのが自分でもしっかり実感できたのです。
ほとんどゴルフクラブを持ったレッスンは受けていないのに・・・。
これが、ETGSの目指す「ゴルフ上達への近道レッスン」だと思いました。
「急がば回れ」とはよく言ったものです。(自宅からの移動時間のことではないですよ!(笑))
今では私自身ETGSで受けているレッスンこそ上達への近道だと胸を張って言えます。長い目で見れば遠回りしないで上達できていると思います。
僕のような初心者でも変な癖が付く前に基本をしっかり身体に覚え込ませてくれるレッスンメニューを施してくれます。初心者の皆さん、私と一緒にETGSで上手くなりましょう。
これから本格的にゴルフを始めようと考えている方、是非ライバルになってください。(負けないように頑張らないと・・・)
今はまだコースで良いスコアを出すことに執着せず、ETGSのメニューをしっかりこなして、自分でも納得できるようになったらコースに行きたいです。その時はまた結果を皆さんに報告したいと思います。
まずは1年間で90切りを目標にしています。たぶん出来ます。いえ、必ずやります。


会員構成


2015年度(第10期) 100人(ジュニア含む)

年代別 人数(人) 全体比率(%)
80代 3 3.2
70代 5 5.4
60代 14 15.1
50代 34 36.6
40代 29 31.2
30代 8 8.6
20代 2 2.2
10代 5 5.4

地域別 人数(人) 全体比率(%)
千葉県 66 71.0
東京都 27 29.0
埼玉県 1 1.1
神奈川県 4 4.3
茨城県 1 1.1
静岡県 1 1.1
福島県 0 0.0

性別 人数(人) 全体比率(%)
75 80.6
25 26.9


イベント報告


前のページへ戻る